ニュース

2022年秋開業予定の『ジブリパーク』ってどんなとこ?どこにできるの?エリア情報なども!

スポンサーリンク

みなさんの周りの友達や家族には「ジブリ作品が好き。」という方はいますか?

そんなジブリ好きな方におすすめしたいテーマパークが2022年の秋に開業されるジブリパークです。

数年前からその噂がありましたが先日、公式に発表されました。

まだ2年半ほど時間を要しますが、世間では大盛り上がりのようです。

今回はそんなジブリパークの開業地、エリア情報などなどをリサーチしていこうと思います。

スポンサーリンク

ジブリパークのコンセプトは?

このジブリパークの開業地とされる場所は愛知県長久手市。

名古屋駅からは少し離れているのでアクセスの悪さは否めません。

「愛・地球博記念公園」内に設備されるようで、全部で5つのエリアを想定しているそうです。

設備に費やす概算は約340億円にも上るようです。

年間想定来場者数は約180万人。

ちなみにUSJの2016年の来場者数は約1500万人です。

東海勢も頑張ってほしいところです。

コンセプトとしてはスタジオジブリの世界観を表現し、後世に伝えていくという意図があるようです

構成される5つのエリア

ここでみなさんが1番に気になっていたであろう、5つのエリア紹介をしていきます。

1つ目が「青春の森エリア」耳をすませばの「地球屋」を再現したり、「猫の恩返し」の舞台をモチーフにしたエリア。

「ジブリの大倉庫エリア」では「千と千尋の神隠し」の食堂街が設置されるようで千のお父さんが食べていたあのお肉あるのでしょうか?すごく気になります(笑)

3つ目の「どんどこ森エリア」では「となりのととろ」に登場していた散策路、大きなお社など見どころ満載です。

今のところ確定しているのがこの3つです。あとの2つ「もののけの里エリア」、「タタラ場」は2022年設立予定らしく詳細はまだのようです。

ジブリパークの正社員を募集している?

なんと2019年11月からスタジオジブリ直々にジブリパークの社員を募集していたようです。

ですが今年の1月9日に募集は終了していたようです。

残念、私も受けてみたかったなあ。

興味本位で、募集要項をちらりと覗いてみました。

物販、飲食、植栽の企画など幅広く募集していたようです。

植栽というのがジブリらしいなという印象を受けました。

キャストの方々の募集はこれからあるのかな?

そして続々と面接が始まり、ジブリパークに向けて始動していくのでしょうか。こちらもわくわくします。

スポンサーリンク

ネット上では歓喜の声が続出

愛知県に新たなテーマパークができるということで、県民からは喜びの声が上がっています。

レゴランドが微妙なだっただけにですね。

中でもみなさんジブリ飯に注目している方が多く「ラピュタ」の目玉焼きトースト、「千と千尋の神隠し」のなぞのぶよぶよ肉。

その模様がTwitter上でも多く拡散されています。

一方で交通渋滞、宿泊の心配をする声もちらほら。

ですが開業するまでにまだ時間はあるのでそれらを含めて、建設をしてほしいところです。

まとめ

今回は約2年半後にできるジブリパークについてリサーチをしていきました。

連日のニュースで概要を見る限りとても緻密に作られていて、人気も出そうだなという雰囲気は感じました。

ジブリという大きな土台があって、このプロジェクトは動いているので外れはないとは思いますが(笑)

なんといっても人気作品が多数あるのでリピーターも少なくはないでしょう。

ジブリパークの成功を願って記事の終わりといたします。

スポンサーリンク