ゲーム

30代の男がハマったオススメのPS3ソフト5選

スポンサーリンク

皆さんこんにちは!tanakaと申します!

さて突然ですが皆さんはPS3をお持ちですか?

そしてPS3のソフトで一体どのソフトをプレイした事がありますか??

そしてどのジャンルでどんなゲームが面白かったですか?

どんなゲームでどんなシーンが印象に残りましたか????

これから私が紹介していくのは私がプレイした中で未来永劫忘れる事のないゲームを5つピックアップしたものです。

人によって好みがあるかと思いますがもしまだ一度もプレイされてないなら一度はやってみてはいかがでしょうか?

ぱんだくん
ぱんだくん
今回はtanakaさんからいただきました
スポンサーリンク

30代の男がハマったオススメのPS3ソフト1位『ドラゴンズドグマダークアリズン』

ドラゴンズドグマダークアリズン

前作のドラゴンズドグマからしばらくして黒呪島というステージが追加されたバージョンのソフトです。

最近じゃオンラインのものもあったみたいですが残念ながら終了となってしまいました。

もしそちらをされてまだダークアリズンをプレイされてない方や単純にやった事のない方は絶対にやる価値ありです!!

自由性の高いシナリオシステム。

モンスターやキャラクター一つ一つに対するこだわり。

美麗なグラフィック。

そして全てのプレイヤーの度肝を抜いたであろう最後の結末。

更に一通りクリアした後に挑戦する黒呪島は圧巻です。

黒呪島に関してはよくここまで作りこんだなと思うぐらいダークファンタジー系RPG好きにはたまらない仕様になっております。

30代の男がハマったオススメのPS3ソフト2位『海賊無双2』

海賊無双2

三国無双、戦国無双など「無双」シリーズのワンピース無双第2作です。

1や3とは違いほとんどオリジナルストーリーで構成された作品で、意外なキャラが序盤から協力してくれたりありえなかった夢のコラボなどワンピースファンにとっては泣きたくなるような展開が多いです。

特にこれはネタバレになってしまうのですがクザンと赤犬のやり取りのムービーなんかは鳥肌立ちまくりです。

キャラクターの一つ一つのアクションや技など原作に基づいてしっかりと作られております。

個人的な好みが入るかもですがクザンのアクションは本当に漫画をよく読んで丁寧に再現してくれたんだな~っと感心してしまいます。

まだプレイした事ないワンピースファンの方は一度はやっておいて損はないです!

スポンサーリンク

30代の男がハマったオススメのPS3ソフト3位『龍が如く3』

龍が如く3

皆さん誰もがご存じの『龍が如くシリーズ』、第3作目になります。

もしゲームをあまりしない方でも一度は聞いた事のある名前の筈です。

本当は前作の2が私の中でトップなのですがPS3で限定してしまったのでこちらを紹介させていただきます。

前作で近江連合の郷田と死闘を繰り広げた後狭山とは別れ、桐生は沖縄で養護施設を営み遥と静かに暮らしていました。

しかしその沖縄で施設の子供達を守る為、地元のヤクザと戦う事になります。

しかしそこで起こった事はまたもや大きな事件へと繋がってしまい……。

前作と同じで東城会を中心に話が動いていく事になります。

移動できる場所も増えて沖縄などが追加されています。個人的に神室町を周るのが凄い好きでいつも楽しみにしています。

某街並みをとても細かく再現されていると思います。

ストーリーの展開もビックリさせられる事の連続です。ヘタなドラマよりもオススメしやすいクオリティとなっております。

スポンサーリンク

30代の男がハマったオススメのPS3ソフト4位『侍道3』

侍道3

侍道シリーズ第3作です。

このシリーズは本当に好みが極端に分かれていると思います。

しっとりとした雰囲気が好きな方は1とか3。

明るい雰囲気が好きな方は2とか4。

私は単純に総合的に見て3を選びました。

刀アクションの幅広さや飛び道具にこだわらない点や戦国時代の時代背景や自由度の高さ、更にまさかあの有名な武将さんまで登場するとは一体どこまでサービスしてくれるんだろうといえるぐらいのクオリティでした。

やりこみ度としても申し分ないです。

特に一撃死はもうハラハラもんでした(笑)

できればplus版をプレイしてほしいところではありますがお店においてないパターンがあるので無い場合は通常版でいいと思います。

30代の男がハマったオススメのPS3ソフト5位『無双OROCHI2』

無双OROCHI2

無双シリーズのOROCHI第2作。

魔王・遠呂智との戦いから数年――
三國と戦国の英傑たちは、創造主亡きあとの、世界の覇権をめぐって
いつ果てるともなく戦いを続けていた。

だが、すべては突如、終わりを迎える。
転地を覆いつくす、巨大な怪物の出現と共に。

八首の大蛇にも似たそれは、一噛みで街を食らい、城を砕いた。
覇権を争い、力をすり減らした英傑たちに抵抗する術はなく、
国々は滅んでいった。

ここに至って、
野に下り、乱世を渡り歩いていた武将が結束し、
討伐軍を結成する。

だが、敵はあまりに強大すぎる……。
絶望の中、悲壮な決意を固める彼らの前に、一人の女性が現れる。
「人の力で、あの怪物を滅ぼすことはできない」

そう、進軍を制した彼女が示したのは
“時を渡り過去を変える力” だった――

歴代数々のキャラが全てもうなんでもアリです!まずはプレイしてみてください!!!

まとめ

もしかしたらゲーマーの方によっては納得できない内容になっているかもしれませんが気を悪くされたら申し訳ありません。

でも今この時代PS4からPS5に変わろうとしている時こそ前のハードに隠された名作があるという事を忘れないでいただきたいというのが私の本心なのです。

ただ新しいゲームをやって終わるというゲーム人生ではなく昔の先人達はこんな素晴らしくてワクワクさせる物を作っていたという事を覚えていてほしいんです。

ぱんだくん
ぱんだくん
どれも名作ですね
スポンサーリンク
あわせて読みたい