FOD

アライブ第4話の見逃し無料動画フル配信はこちら!あらすじ・ネタバレストーリーや感想、次回考察も!

スポンサーリンク

2020年01月30日(木)にTVドラマ『アライブ-がん専門医のカルテ-』の第4話が放送されました。

アライブ-がん専門医のカルテ-は毎週木曜日22時に放送されています。


この記事はドラマ『アライブ』第4話を見逃してしまった人の為に、見逃し配信の無料視聴方法をお知らせしています!

余計な前置きは不要だよ!早く無料視聴方法を教えてよ!

という人向けに結論から書きますが、FODでTVドラマ『アライブ』の第4話を観ることができます

FODを1ヶ月無料で試してみる

ぱんだくん
ぱんだくん
FODはAmazonアカウントで登録すると1ヶ月無料です
スポンサーリンク

『アライブ-がん専門医のカルテ-』の見逃し配信はFODがオススメ

FODプレミアム 全話配信!
TVer(ティバー) 放送から一週間以内の最新話のみ
Gyao! ×
Hulu ×
U-NEXT ×
Paravi ×

放送から一週間以内であれば『TVer(ティーバー)』で観るのがオススメです。

一週間以上経っているのであれば『FOD』で観るのが一番お勧めです!



FODには無料お試し期間が30日間あります!

期間中に解約すれば一切お金がかかりません!

つまり完全無料で見逃し配信を観ることが可能です。

無料で『アライブ-がん専門医のカルテ-』を視聴したい人には嬉しいサービスですよね。

FODのオススメポイント!!

現在一ヶ月の無料お試しキャンペーン中

・無料期間中に解約すれば料金は一切かからない

・無料期間中も最大1,300ポイントをゲットできる!

・大量の漫画が無料で読み放題

・現在配信中の最新ドラマは全て見放題

\FODを1ヶ月間無料お試ししてみる/

『アライブ-がん専門医のカルテ-』を今すぐ観る

FODを利用している人たちの声

スポンサーリンク

アライブ第4話 あらすじ・ネタバレストーリー


夫巧の葬儀から三日の休みだけで職場復帰し以前よりも頑張る心とは対照的にいらいらしてお酒に逃げる義父・京太郎。

心は事故のあった日に夫がなぜその場にいたのかわからないが、気にしても仕方がないと薫に言います。

薫はいつでも力になると告げるのでした。心の元に交番から電話があり、向かうと京太郎は事故現場で泣いていたことを知ります。

無性に腹がたったのだと京太郎は言いました。その後、ふと亡くなった夫のパソコンを開き、小説を書いていたことを知るは浮気じゃなかった、小説を書いていたと喜びました。

診察で患者・佐倉を診察し、将来子供が欲しい患者さんに卵子を冷凍保存することを進めていると淡々と話すのでした。佐倉は何かを思って考えている様子で、薫と話をします。

その後、心を訪ねる薫に、京太郎がうつ病かもしれないことや息子が夜になると泣き出すから自分がしっかりしなくてはと強がっていました。そして、できることがあったら何でもするという薫に夫を生き返らせてくれと言いました。帰宅する心が見たのは、晩御飯を作ろうとしてやる気も出ず呆然とする京太郎でした。

うつ病かもしれないから、精神科を受診してみてはという心に対し、心はいつも冷静ですごい言われてしますのでした。

薫の元に近対ていたのはジャーナリストでした。巧の死の原因は薫の医療ミスではないか、なぜ心の近付いたのか問われますが、突っぱねて薫は去っていきます。診察にて患者に一度も患者の顔を見ていないことを指摘されてしまいました、部長に連れられて心は、夢の中で亡くなった妻に会えたという涙ながらに喜ぶ男性の話を聞きます。

身近な人の死は、人生最大のストレスであるという部長でした。そのころ、京太郎は巧の遺骨にうなだれていました。そして、さらに心を部長はグリーフケアについての説明を始めました。

その時に心は京太郎に事が頭によぎりました。心は義父に対して間違っていたかモと部長に言いましたが、こころ自身も当てはまっている、しばらくゆっくり休むように言われます。その時電話が鳴ります。息子・レンが学童を勝手に休み、京太郎と一緒に巧と作っていたパズルを作っていました。夕食に巧の分も用意しました。義父は食べさせてあげたかったと泣き、息子はきっと食べに来ていると言いました。

実は、京太郎は飛び降りようとしていた時、心から巧が好きだったカレーにしようと電話が掛かってきていたのでした。そして、巧が小説を書いていて、事故の日に出版社と打ち合わせだったことを話します。

もし、心はうまくいっていたらどうなっていたかを想像します。そして、小説を見ながら泣き崩れるのでした。薫は25年前の医療事故を引きずっていると須藤に話、別れを告げます。復帰した心に、ジャーナリストの関河が会いに来ました。

あらすじ別バージョン

恩田心先生の夫、匠の告別式が行われます。葬儀を終えた心先生は、悲しみを抱えながらも、数日で職場復帰をします。周囲からは心配する声と無理に頑張っている姿に声が掛けられません。心先生は、仕事をしている方が気が紛れると気丈にふるまっています。仕事をしている心先生に警察からお父さんが酔っ払って保護されていると連絡を受けます。どうやら匠の父親は、今まで気丈に振舞っていたが実は一番悲しみが深く鬱病になりかけていました。薫先生のもとには、ジャーナリストの関河が匠のオペの件で近づいてきて追い詰められていきます。上司の阿久津に心はグリーフケアの講義をされ今自分達に必要なのは、1人で達がおる必要はなくて悲しみを共有する事だと気付きます。家に帰り、匠のお父さんと自分の正直な気持ちを話し、悲しみを共有します。そして、心先生は阿久津の提案通り休暇を取ることになります。そして数日が経ち、心先生は仕事復帰をします。そして病院内を歩いていると、心先生の前に、関河隆一が現れて終わりを迎えます。

あらすじ別バージョン

ついに夫の匠が亡くなり葬儀が行われる。薫も参列するが、憔悴しきった心に声をかけることもできない。悲しむ義父や息子とは正反対に心はろくに休暇も撮らずに職場へ戻ってしまう。本当はまだきもちが落ち着いていない心は、若い乳がん患者のさくらの今後の抗がん剤治療と不妊対策について考えなくてはならないのに、持ち掛けてきた薫や研修医の結城にもそっけないたいどをとり、結果その件を清原に押し付けてしまう形となる。その様子を見ていた上司の阿久津は、自身の患者であった妻を亡くした男に寄り添い続けていることや、心がまだ匠を亡くしたことに向き合えていないし悲しみを癒す時間が必要であることを教える。心は阿久津の提案を受け入れきちんと休み、自分、義父、息子と向き合うことを選ぶ。おかげで家族は寂しいながらも少しずつ平穏を取り戻せそうな方向に向かう。一方薫は「私にできることがあるなら何でも言って」と心に歩み寄るが、「何もできない」という心の言葉に傷つく。おまけに近づいてきていた男はジャーナリストで匠の事故と手術のことも知っていることが分かり一層不安が増してゆく。

あらすじ別バージョン

今回の話は匠さんの葬儀のシーンから始まります。そこには腫瘍内科のスタッフも参列していました。匠さんの父である京太郎さんは周りに「スーツが無くて慌てたよ」と明るく振舞っていました。葬儀後家に帰ると京太郎さんが匠さんの大好物のカレーを作って待っていました。しかし、息子のレン君は「お父さんはもう食べられない」と食が進みません。心先生は匠さんが亡くなってからも家族に涙を見せることなく過ごしており、「母親だから」「医師だから」と自分の感情を抑え込んでいます。職場復帰もすぐにしていつも通り働き始めます。しかし、職場に戻った心先生は患者さんの方を見ることなく淡々と治療方針について話していきます。ついには昔から通っていた患者さんに「先生は患者さんを見ていない。病気を見てる。」と指摘を受けてしまいます。見かねた部長が心先生を呼び出し、奥さんを半年前に亡くした男性の話を聞かせます。男性は奥さんの死を受け入れながら少しずつ前向きになっているようです。また部長からは「悲しみを抑え込む必要はない。家族で共有する時間も大事」と教わります。その日の夜心先生は京太郎さんレン君そして匠さんの分のカレーを準備します。匠さんのことをみんなで話し、その後は京太郎さんと匠さんが亡くなって悲しい気持ちをお互いに吐き出します。

あらすじ別バージョン

恩田は匠の葬式を上げて医局の人間たちに心配されていました。その後、すぐに職場復帰してしまう恩田を同僚たちは気にかけますが仕事に励みます。そして交番から連絡があり京太郎が保護されたと言う知らせを受けます。急いで迎えに行き一緒に帰っていると匠の事故現場の近くに出版社があることに気がつき急いで家に帰り恩田は匠のパソコンを調べてみると小説の原稿のデータがあり書いていたことを知るのでした。そして、匠がその原稿を届ける途中で事故に遭ってしまった真実がわかります。その事実を知った恩田は精神的にショックを受けてしまって患者たちから心配されてしまいます。その後、阿久津が恩田にグリーフケアのことを話して、悲しみを共有できる家族がいると恩田のことを励ましてくれます。それから家に帰り京太郎に匠が小説を書いていたことを伝えます。そこで恩田は匠の死を悼み泣き出してしまうのでした。後日、病院にジャーナリストの関河という人間がやってきます。

アライブ-がん専門医のカルテ-を今すぐ観る

スポンサーリンク

アライブ第4話感想

40代女性 UTさんの感想

心先生が無理しているのがとても痛々しかったです。さらに、悲しみに打ちひしがれる義父京太郎に心はいつrも冷静ですごいと言われてしまって切なくなりました。前話から、もしかしたら京太郎が自殺してしまうのではないかと気が気ではありませんでしたが、ここまでくると心の気持ちをどうやっても救われないように思えてしまいました。そして、患者に対しても、親身になれなくなってしまうほど心は実は病んでいたのだと思います。そして、薫の助けの言葉すら耳を貸さずに、夫を生き返らせていってしまうまでになってしまい壊れていってしまうのかと心配にすらなりました、また、実際に夫巧の死に薫がどう関わったのかは明らかにはなっていませんが、言われた薫が居たたまれなかったと思います。そんな心を救ったのは部長のブリーフケアでした。この時は見ていて涙が出てきてしまいました。木下ほうかさんがとても良い演技をすると思いました。心も京太郎も気持ちが救われて本当に良かったです。

20代女性 こてつさんの感想

旦那さんのお父さんが心配です。前話まではあれほど「そろそろ決断をしなければいけないね」「覚悟を決めなければ」と家族の中で一番現実を見ていると思っていました。心先生や息子さんを気遣っての行動だったのかなと今になって思いました。心先生の上司が言っていた「家族がなくなるのは、最大のストレス。乗り越えるには時間がかかる」その通りだと思います。大切な家族を失った気持ちは、もしかしたらお父さんの方が悲しみは深いのかなと感じました。そして、心先生も疲れてしまっていると思うので家族で協力して乗り越えてほしいなと感じました。薫先生に関しては、ジャーナリストが近づいてきており秘密がばれるのも時間の問題かなと思いました。本当にミスが原因で亡くなってしまったのか今となっては謎ですが、薫先生から心先生に直接伝えて上げてほしいと思いました。
心先生は薫先生を信頼しているのでこの関係性だけは崩れないでほしいと思いました。

40代女性 オーチャードグラスさんの感想

家族を亡くしたものの悲しさがとてもよくえがかれていて見ているのも辛いほどだった。心は妻として母として強くなくてはと思い、仕事に転嫁しようとする姿、義父は最愛の息子を失った喪失感、息子は自分の悲しさとは裏腹に母、祖父が悲しみを隠して気丈にふるまっていることへの怒りと不信感を非常によく演じていたと思う。心の上司の阿久津の気遣いがとてもすばらしく、そのおかげで残された家族が再び心を通わせて立ち上がろうとしていたので本当に良かったと思う。心の職場の他の医師たちも心を気遣いながら、心の抜けた穴を懸命に埋めようとしていたようで、そこも良かった。薫はあ許してもらいたい一心なのか心にあり来たり菜言葉をかけるが、心からは冷たい返事をされてしまい悲しかったと思う。ただそれは、冷たい言葉を言える位心は薫と親しくなってしまったし、信頼できる人間だと思っているからこその行動ともとれる。薫に近づいてくる謎の男はジャーナリストということが判明したので、薫は今後どのように彼に接していくのか、そして心とどのようにむきあっていくのかが気になる。

20代女性 なーさんの感想

私は正直匠さんは今後奇跡的に回復をしてくれるものだと思っていました。なので前回の話で亡くなったのはとても悲しかったです。今回の話では大切な人を亡くした家族がその悲しみを家族一緒に乗り越えていく姿が描かれていました。もし私が心先生の立場だったら職場に復帰して普通に過ごすなんて無理だと思います。しかし、「お母さんだからしっかりしないと」「お医者さんだから頑張らないと」と思ってしまう気持ちもわかるような気がします。そんな中で今回の話では周りの方の気遣いやとても素敵な回でした。部長は葬儀で見かけた京太郎さんを見てすぐに察してくれたのだと思いますし、直接的におせっかいをやくのではなく患者さんの家族を挟むことで心先生なら気付いてくれると分かっていたようです。また、部長以外のスタッフは「いつも通り」というのを心掛けてくれていて素敵な職場だと思いました。また、京太郎さんと心先生は義理の親子なはずなのにお互いに認め合い、お互いに支え合っていて匠さんも安心して天国に行けるだろうなと思いました。

30代男性 たるさんの感想

今回の話で一番印象的だったのがグリーフケアという言葉です。この言葉は初めて聞きました。なので少し調べたら大切な人を亡くした人のサポートケアらしいです。その方法にも色々な方法があり勉強になりました。やはり身近な大切な人が死んでしまうのは悲しいのでこの言葉は一生覚えておこうと思いました。そして薫に接触してきたジャーナリストの関河という男はなんだかとても嫌な感じがしました。きっと今後の展開として恩田に薫の隠していた医療ミスのことを話すような気がします。その場合、恩田はどのような反応をするのかが気になります。きっとかなりショックを受けると思うのですが、憎しみに変わるのかどうかすごく興味深いです。やはり薫の医療ミスが原因で亡くなってしまったので関係がこじれるのはしょうがないのかもしれませんね。その事も薫は覚悟して近づいていると思うのでこれから薫が恩田のためにどう動くのか注視していきたいと思いました。

アライブ-がん専門医のカルテ-を今すぐ観る

アライブ第4話 Twitter感想

アライブ-がん専門医のカルテ-を今すぐ観る

アライブ第4話で印象に残ったセリフ

「身近な人の死は最大のストレスである。」
「今日は先生病気を見てるね。」患者(高畑淳子)
「ひとりで立ち直ろうと思わなくていいんだ。誰にも悲しみを取り除くことはできない。でも、家族とは共有できる。」阿久津

アライブ第5話考察

40代女性 UTさんの次回考察

とうとう巧の手術と薫が関わっていることが明白になると思いますが、全身がんのかんじゃである高畑淳子さん演じる高坂民代が何かを知っている様子なのがとても気になります。そして、おそらく心に近付くのではなく、薫に近付き脅すようようなことをするのではないかと思います。しかし、心の元にはジャーナリストの関河が近付いていますから、心が夫の死に関わっていることを知るのは時間の問題です。そして、医師として薫と心の治療方法への考え方がついに対立してしますのでは無いでしょうか。これまで、内科と外科の立場の違う医師同士で協力し合ってきた感じでしたが、いつかは考え方の相違が現れると思っていました。それが、徐々に表れてきてついに次回では対立してしまうのではないかと思います。そこに、心は薫の事実を少しずつ知っていくことで、不信感を抱き、二人の関係の日々は事実を知ったときに完全となってしまうのではないでしょうか。そこから薫が心との関係を取り戻そうと懺悔の気持ちも含めて頑張ると思います。

20代女性 こてつさんの次回考察

心先生の旦那さんの事故後のオペの件で、ジャーナリストが動き始めていると言う事がとても気になります。本当に薫先生のミスで、意識不明になったのか。今までの経過に不自然な点があるのか気になります。 それとも、看板が落ちた事故自体に何かあるのか、気になる事が沢山あります。 この事が心先生にどのようにして伝わるのかとても気になります。 出来れば、薫先生の口から真実を話してほしいと思います。なんとかして2人の関係を維持したいところですが、おそらく難しくて一旦壊れてしまうのではないかと思います。最後についにジャーナリストの関河が心先生の前に現れました。何をしに来たのか分かりませんが次回以降、旦那さんのオペの真相について関河が心先生に何かを伝え、薫先生に聞きに言って真相を話しだすのではないかなと思っています。そしてジャーナリストが薫先生の事を周囲に聞いて回って、変なうわさが流れることで立場が危うくなっていくのかなと考えました。

40代女性 オーチャードグラスさんの次回考察

ジャーナリストの男は薫にどんどん迫って金銭や肉体関係を要求してくると思う。もちろん薫はどちらにも応えず逃げ切ろうと試みるのではないだろうか。肉体関係については、薫が乳がん経験者だから拒むというのもあるかもしれない。田辺誠一演じる医師に応えることがないのも同じ理由だろう。薫はいつかは自分の力で勇気を出して事実を心に話し、自分を受け入れてもらうことを待ち、そのうえで心を支えてゆきたいのではないかと思う。一方、まだ若い乳がん患者のさくらが将来の不妊対策について悩んでいたので、その部分についても展開していくことと思う。今度は主治医である心と心の不在の間さくらを担当していた結城、経験者である薫も交えて4人で探っていくのではないだろうか。高畑淳子演じる患者は薫が変装して”やどりぎの会”の勧誘を院内でしていたことに気付いており、今後はジャーナリストの男とともに匠の事故と手術、死に絡んでくる重要人物になりそうだ。

20代女性 なーさんの次回考察

今回4話ののラストには三浦翔平さん演じるジャーナリストの関河が心先生のもとに足を運んでいました。関河はなぜか匠さんが亡くなったことを知っていて、しかもその手術に薫先生が携わったことを知っていました。このジャーナリストは関東医大の誰かから内部告発的に報告を受けて、医療ミスについて記事にしようとしているのではないかと予想しています。次回の話ではまだ匠さんのことは心先生に聞かないようです。今後もし心先生に薫先生が匠さんの手術に関わっていたことを話してしまったら、2人の関係性はどうなってしまうのかかなり気になります。また、薫先生自信も「25年前の医療ミスを忘れない。」と言ったセリフがありました。匠さんが事故に遭ったのは25年も前の話ではないはずです。なので、薫先生自信も昔医療ミスによって大切な人を亡くしてしまった過去があるのではないかと思っています。なので、自分と心先生を重ねてあれほど彼女に関わろうとしているのだと思います。次回さらに薫先生の過去について明らかになっていくのを期待します。

30代男性 たるさんの次回考察

次回はジャーナリストの関河が中心になって話が進んでいくような気がします。やはり恩田に会いにきていましたから、匠が死んだ原因を話してしまうような気がします。そして、それを聞いた恩田は薫のところにすぐに行って本当のことなのかと確認しようとします。それを聞いて薫は匠の事故当日の出来事を事細かに恩田に説明すると思います。それを聞いた恩田は薫のことを許してくれると思います。もしそこで憎しみに変えて恨んでも匠はもう戻ってこないわけですから。でもきっと薫の顔を見るたんびに匠のことを思い出したしまうでしょうから同じ病院に居続けるのは無理かもしれないですね。きっと恩田か薫のどちらかが病院を離れてしまいそうです。やっぱり関河の目的がよくわかりません。薫のことを糾弾したいにしてもかなり強引に見えます。もしかしたらもっと違う真実が隠れていたりしたらかなり面白くなってくるのですけど例えば事故自体も誰かの差し金とかだったらとても面白いです。

アライブ-がん専門医のカルテ-を今すぐ観る

『アライブ-がん専門医のカルテ-』をDailymotionやパンドラで観てはいけないの?

「ドラマや映画など、動画共有サイトで観てるよ」っていう人もいるでしょう。

ですが、私は絶対にオススメしません

特にDailymotionやパンドラは海外サーバを利用しているため、ウイルスへの感染やフィッシング詐欺で個人情報を盗まれる可能性があります。

『アライブ-がん専門医のカルテ-』を今すぐ観る

まとめ

アライブ第4話の見逃し配信は『FOD』が断然オススメ!!

アライブ-がん専門医のカルテ-を今すぐ観る

アライブや仮面ライダーに出演した『岡崎紗絵』さんとは?身長や体重は?学歴やどこの大学?今年から2020年になりました。時代は流れ、注目される女優は毎年変わってきています。 2020年度に注目を浴びる女優と言えば、誰で...
ドラマ『アライブ』出演女優木村佳乃!活躍はドラマからバラエティまで!両親もすごい人だった?!夫との関係は順調?ドラマ『アライブ-がん専門医のカルテ-』でも圧倒的演技力、存在感をはなっている木村佳乃さん。 いくつになっても綺麗で若い頃からまっ...
ドラマ「アライブ」出演俳優『清原翔』は綾野剛と兄弟!?メンズノンノから飛び出した原石『キヨ様』の魅力に迫る!ドラマ『アライブ-がん専門医のカルテ-』で研修医を演じている『清原翔』さん。 メンズノンノの専属モデルとしてデビューし、その後数々...
【アライブ】主題歌を歌っている『須田景凪』はボカロP出身!「はるなどり」が主題歌に選ばれたきっかけや本人のコメントも!2020年1月9日(木)『アライブ-がん専門医のカルテ-』が放送されました。 主題歌は須田景凪(すだ けいな)の「はるどな...
アライブ第1話の見逃し無料動画フル配信はこちら!あらすじ・ネタバレストーリーや感想、次回考察も!2020年01月09日(木)にTVドラマ『アライブ-がん専門医のカルテ-』の第1話が放送されました。 アライブ-がん専門医のカルテ...
アライブ第2話の見逃し無料動画フル配信はこちら!あらすじ・ネタバレストーリーや感想、次回考察も!2020年01月16日(木)にTVドラマ『アライブ-がん専門医のカルテ-』の第2話が放送されました。 アライブ-がん専門医のカルテ...
アライブ第3話の見逃し無料動画フル配信はこちら!あらすじ・ネタバレストーリーや感想、次回考察も!2020年01月23日(木)にTVドラマ『アライブ-がん専門医のカルテ-』の第3話が放送されました。 アライブ-がん専門医のカルテ...

※FOD1ヶ月無料お試しはアマゾンアカウントで登録することが必須です!
本ページの情報は2020年02月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
あわせて読みたい
FOD

【木下ほうか】「9割以上が憎まれ役」だがアライブではなんとイイ上司!?嫌味役でブレイク!役柄と素顔のギャップは?結婚についても!

2020年2月11日
エンタメビッグ
ドラマ『アライブ-がん専門医のカルテ-』を見て、「あれ?木下ほうかが普通の役演じてる……!」とびっくりされた方も多いのではないでしょうか。  …