FOD

アライブ第8話の見逃し配信無料フル動画はこちら!あらすじ・ネタバレストーリーや感想、次回考察も!

スポンサーリンク

2020年02月27日(木)にTVドラマ『アライブ-がん専門医のカルテ-』の第8話が放送されました。

アライブ-がん専門医のカルテ-は毎週木曜日22時に放送されています。

この記事はドラマ『アライブ-がん専門医のカルテ-』第8話を見逃してしまった人の為に、見逃し配信の無料視聴方法をお知らせしています!

余計な前置きは不要だよ!早く無料視聴方法を教えてよ!

という人向けに結論から書きますが、FODでTVドラマ『アライブ-がん専門医のカルテ-』の第8話を観ることができます

FODを1ヶ月無料で試してみる

ぱんだくん
ぱんだくん
FODはAmazonアカウントで登録すると1ヶ月無料です
スポンサーリンク

『アライブ-がん専門医のカルテ-』の見逃し配信はFODがオススメ

FODプレミアム 全話配信!
TVer(ティバー) 放送から一週間以内の最新話のみ
Gyao! ×
Hulu ×
U-NEXT ×
Paravi ×

放送から一週間以内であれば『TVer(ティーバー)』で観るのがオススメです。

一週間以上経っているのであれば『FOD』で観るのが一番お勧めです!



FODには無料お試し期間が30日間あります!

期間中に解約すれば一切お金がかかりません!

つまり完全無料で見逃し配信を観ることが可能です。

無料で『アライブ-がん専門医のカルテ-』を視聴したい人には嬉しいサービスですよね。

FODのオススメポイント!!

現在一ヶ月の無料お試しキャンペーン中

・無料期間中に解約すれば料金は一切かからない

・無料期間中も最大1,300ポイントをゲットできる!

・大量の漫画が無料で読み放題

・現在配信中の最新ドラマは全て見放題

\FODを1ヶ月間無料お試ししてみる/

『アライブ-がん専門医のカルテ-』を今すぐ観る

FODを利用している人たちの声

『アライブ-がん専門医のカルテ-』第8話 あらすじ・ネタバレストーリー


今回出てきた患者さんは小児の頃からがんを患い今回2度目の再発をした少年の話でした。

この少年は以前のがん完治から普通の生活を送れるようになっていたところでの再発に、少年はあきらめ気味です。

家族もなんとかフォローをしますが少年には届きません。

少年はブログをしておりその中では「希望さん」と呼ばれていて、他のがん患者の希望になっていました。

でも再発してしまいかなり落ち込んでいます。

そんな少年の姿を研修医の夏樹先生は弟との姿と重ねて、何とかしようと奮闘をします。

年頃の少年との関係性の築き方の難しさという壁に当たってしまいます。

心先生や腫瘍内科の先生たち、がんサバイバーの皆さんとの交流を通して少しずつ関係を築いていきます。

一方で、第1話から出演していた民代さんは先日の手術で播種が見つかり、今後の治療方針について考えてました。

「生きているうちにしたいことをしたい」と話す君代さんは退院する最後まで笑顔で明るく病院を出て、念願の海外旅行に行くことになりました。

あらすじ別バージョン

民代は恩田に抗がん剤治療を受けないことを中庭で伝えていました。

それから少しして、和樹という学生が病院にやってきて検査の結果、胚細胞腫瘍が再発したことが判明するのでした。

入院することになり和樹はまた辛い闘病生活が待っていると思ってショックを受けていました。

その後、夏樹が和樹との会話で頑張ってと言ってしまって患者との接し方を間違えてしまいます。

その後、夏樹は和樹がブログをやっているのを知りアクセスすると全く嘘の記事が載っていてそのことを注意しに病室に向かってしまいます。

その事を和樹に問い詰めようと病室に行くと和樹が帰る準備をしていました。

そこで夏樹は嘘を書くことはいいのかというと和樹は希望を奪いたくないと言ってエンターテイメントだと吐き捨てるのでした。

その後、病室を出た和樹はロビーで倒れてしまいまた入院することになってしまいます。

その夜、和樹は横になりながら光野との過去の出来事を思い出していました。

そこで光野が和樹に君の笑顔はみんなを幸せにする力があると励ましてくれたことを思い出します。

翌日、病院のイベントで和樹はピエロ姿の光野の姿を見てどんなに辛い時でも不思議と笑える日があることを思い知るでした。

あらすじ別バージョン

高坂民代が心に抗がん剤はやらない、動けるうちにやりたいことをすると宣言しました。薫と高坂の治療法について話をした際、本当に病院を止めるのかと聞かれた薫は否定しませんでした。

幼少期からガンと戦っていた和樹が再再発で抗癌剤治療をするために入院しました。和樹はブログをやっていましたが、再発したことを隠して、充実した毎日を送っているかのような投稿を繰り返していました。

母親に欲しいモノがないかと聞かれると「違う体。」と答えたり、親身になってくれようとした研修医に怒りを表したりして苛立ち、病室の鏡を割って怪我をしたまま病院から抜け出そうとしました。

その夜一人で病室で過ごしていた和樹は小さい頃クラウンに扮した光野に優しい言葉で励まされたことを思い出し、ブログに今の自分の気持ちを書きました。

若い世代のがん患者との交流を図るために心は交流会を開き、研修医と薫も参加して、AYA世代の患者には自分の気持ちに素直になれる場所が必要だと話し合い、院内でふれあい祭りを開催しました。

途中から和樹も姿を見せ、それに気づいた研修医がそっと寄り添うと和樹はクラウンの赤鼻を研修医に差し出し心を開いてくれました。

高坂が予定通り治療を中止して退院し、心は薫が必要、一緒に働いて欲しいと伝えると薫がそれを受け入れてくれました。

あらすじ別バージョン

病院の屋上で心と患者の民代は話をします。
民代は抗がん剤をやらないというのです。生きているうちにやりたいことをやりたいと。
そして民代は、病院を辞めるという薫を心配するのでした。

心は高校生の井上和樹の診察をします。和樹のがんが再発していました。
幼い頃からこの病院でがんの治療を受け、ネット上では「希望」と言われ明るく振る舞っている和樹の心に、世界は色彩がなく見えていました。

一方、脱毛に悩む佐倉莉子のウィッグが似合わないとはっきり告げる民代に、莉子は心を開きます。

患者との接し方に悩む研修医の結城と奈海に、心は交流会を開いたり、家に招きます。
薫も家に招かれ、わだかまりのあった匠の子供と、父親とも接するのでした。

光野が病院でふれあいまつりの開催を計画します。
和樹は幼い頃、光野が扮したピエロに言われたことを思い出します。
莉子は新しいウィッグを民代につけてもらい、喜びます。

抗がん剤を拒否した民代は退院し、心、薫と莉子に見送られながら旅立ちます。
最後、心は病院の屋上で薫が必要だと話し、二人はあらためて握手を交わしました。

あらすじ別バージョン

心のもとに小児がんの二度めの再発患者和樹がやってきます。

彼は大学進学を決めたばかりの若者で、希望に満ち溢れているはずの年代、それなのに「自分ばかり」と沈んだ気持ちになっていました。

腫瘍内科の研修医夏樹は自身の弟も小児がんで戦っていたこともあり、和樹に寄り添い元気を出してもらおうと励まします。

しかし夏樹の「きもちがすこしはわかります。」、「頑張って。」という言葉に和樹は「先生は抗がん剤治療をしたことがあるんですか?」「ぼくががんばってないというんですか?」という反発の言葉が帰ってきてしまいます。

傷つく夏樹のことを心や、和樹が幼いころから診てきた光野が励まします。

病院を辞めようとしていた薫は心の働きかけや言葉で考え直し、退職はせず、改めて心と一緒に医療の現場で戦っていくことを誓い合います。

思うような手術結果が得られなかった患者の民代は、抗がん剤治療を受けず、最後の時まで自分らしく生きていくという選択をし退院していきました。

アライブ-がん専門医のカルテ-を今すぐ観る

スポンサーリンク

『アライブ-がん専門医のカルテ-』第8話 感想

40代女性 tomoさんの感想

ガンで闘病している患者に頑張れといってしまいがちだけど、それは絶対にしてはいけないと思います。あんなに頑張って治療や検査を受けている人にこれ以上頑張れなんて言ったら追い詰めてしまいます。辛いね、しんどいね、という気持ちで寄り添うのが一番だと思います。
抗癌剤治療を拒否して退院した高坂の肌の色艶が良すぎることに違和感を感じましたが、動けるうちにやりたいことをやるという選択は良かったと思います。QOLを考えると弱っていくだけの抗がん剤よりも楽しい思い出を作ったほうが後悔しないような気がします。
今回のテーマはAYA世代の患者との関わりでしたが、若い人たちは学業や仕事、恋愛、結婚、出産と色んな問題に直面していて、それらを犠牲にしながら辛い治療をしていかないといけない、そういう人がいるんだ、ということが扱われていたのが良かったと思います。なかなか理解してもらえないことをドラマを通して理解してもらうのは良いことだと思います。

40代女性 団子さんの感想

こどものがん患者の切なさが際立っていました。私の子供も和樹と同じ年なので、せっかく大学進学が決まったところで病気が見つかり、どんなきもちだろうとほんとうにかわいそうにおもいました。がんとはまた違いますが、今世の中では正体不明の恐ろしい病気が流行っていて、自分も門出の時にそんな目にあったらと恐れている人も少なくないかもしれません。病気の子を持つ親の気持ちも想像を絶するものだと思います。また、抗がん剤治療を受けずに最後まで自分らしく生きたい民代や、治療によって未来をまだまだたくさん切り開いてゆきたいと思う若い世代のそれぞれの考え方がよく表れていました。がんの治療は人それぞれで、正解は一つではないことを伝えてくれていました。私も乳がんサバイバーなのですが、幸い早期発見で抗がん剤治療を受けずに済んでいるので、今後もしも再発があった時の考え方の参考になるだろうと思っています。再発なんてしなければ一番良いのですが。がんサバイバーはみんな再発が怖いので、民代と桜のやり取りにもグッときました。

30代男性 はいとーんさんの感想

今回は「嘘と本音」が、一つの大きなテーマでした。
和樹を気遣う周りの嘘、和樹自身がブログを通してつく嘘、莉子のウィッグを気遣う周りの嘘、患者たちの本音、民代の本音。
全てに共通する正解は無く、人と状況によって導き出される解答は異なります。

だからこそ一人一人と丁寧に向き合うことが大事になりますが、口で言うほど簡単なことではないんですよね…。
お医者さんにだって時間も気力も体力も限りがあるわけですし。
色々なことを考えさせられる回でした。

そうした中で自らの病気を受け入れ、抗がん剤を拒否し、自分のしたいことをしていく民代の姿は美しく、頼もしく、勇気づけられました。
当初は薫の秘密を探ったり怪しい行動も多かった民代ですが、あれも今にしてみれば人生を楽しんでいるうちの一つだったんですね。
噂好きはおばさんの定番ですし(笑)。

そして心と薫も改めて仲直りし、安心しました。有能な女医のタッグ復活は今後が楽しみなります。良かったです。

30代男性 まさかりさんの感想

和樹の状況にとても共感してしまいました。何故、ガンが2回も再発するのかすごく神様は酷いなと感じました。胚細胞腫瘍とはどんな病気なのかはわかりませんでしたが、おそらく肺がんの一種ではないでしょうか。だとするとかなり深刻なガンであることは間違い無いと思うので大変だなと感じました。しかも二回も再発していると言うことは抗がん剤もかなり強力になると話していましたから治療は大変なんだと思いました。やはり夏樹の和樹に対する接し方が少し気になりました。弟が癌で闘病していたから気持ちがわかると言っていましたが、絶対にわかるわけがありません。当事者でもない限りはガン闘病の辛さを感じることはできないのではないでしょうか。なのであんなことを軽はずみに和樹に言うべきではなかったと思いました。和樹が大声で怒ったのも納得です。なんだか夏樹の悪い部分がかなり目立っていた回だったように感じました。絶対に自分が患者だったら担当して欲しくないです。

20代女性 なーさんの感想

今回の話は患者さんとの関係性の築き方の難しさを再認識しました。私自身も医療系の職種についていたのでこの気持ちはわかります。患者さんに良くなってほしい、少しでも希望を持ってほしいという気持ちから「大丈夫ですよ」「頑張りましょうね」と言ってしまいがちですが、つらい治療に耐えている患者さんからしたらその言葉は重荷になってしまうのだと思います。がっつりと寄り添うことはできなくても、今回の夏樹先生のように患者さんにとってのはけ口になれるだけで患者さんは救われるのだと思います。また、今回は民代さんが素敵だと改めて思う話でした。自分自身はもう手術をしてがんを摘出することが出来なくなってしまっても。周りの先生や患者さんには明るく振舞っていてかっこよかったです。「生きているうちにやりたいことをしたい」と抗がん剤治療をせずに海外旅行に行くことになりました。不安はたくさんあったと思いますが、それでも最後まで笑顔で旅立つ姿に感動しました。

アライブ-がん専門医のカルテ-を今すぐ観る

『アライブ-がん専門医のカルテ-』第8話 Twitter感想

アライブ-がん専門医のカルテ-を今すぐ観る

『アライブ-がん専門医のカルテ-』第8話で印象に残ったセリフ

「痛みも苦しみも生きている証」
「ハッピースマイル」
「再発が怖いです」「こわいわよ!」
「これがいいのよ」(別れ際に心から「これでいいんですよね?」と聞かれた民代の言葉)

『アライブ-がん専門医のカルテ-』第9話考察


40代女性 tomoさんの次回考察

薫が心から一緒に働きたい、薫が必要だ、と言われて病院にとどまる事を決意してくれたようなので、これからも二人が力を合わせて患者個々にあった治療法を模索して一番いいと思われる治療を勧めてくれると期待しています。
匠の件が落ち着いて、須藤や雑誌記者三浦翔平の登場がなくなってしまったので、ゲストでもいいからイケメンが見られると嬉しいです。
次の患者は妊婦で中絶をしないといけないというようなことを言っていたので妊娠が悪影響を及ぼすがん、と考えると婦人科系のものだと思うので恐らく子宮がんの患者かな、と思います。乳がんは前に扱ったし、卵巣がんだと2つあるので妊娠の可能性がゼロになるわけでもないし、高齢女性に多いので妊娠できる女性がかかる可能性は低いかという予想です。命のために子供を諦めなければならないことを伝えるのは医師としても女性としても辛いことですが、薫と心がどんな風に患者に寄り添って納得、理解してもらうのかが楽しみです。

40代女性 団子さんの次回考察

次回は妊婦のがん患者が中心になってきそうなので今生きている母親の命とこれから生まれてくる赤ちゃんの命の重さに悩む患者とその家族の苦悩にスポットが当たるでしょう。同じく若い世代の患者さくらのことも詳しく描かれると思います。民代の恋愛アドバイスの実行しようとしていたので、さくらは研修医の結城に好意を持っていることは確かでしょう。二人の心の動きも、恋愛対象としてと医者と患者としての二つの立場から描かれるのではないでしょうか。心と薫のわだかまりはすっかり消えて、よりよいパートナーとして向き合っていくと思われます。薫の父のことについては進展がなかったので、これからちょっと出てくるような気がします。一度出したことなので、そちらも最終回までにはすっきりするのではないでしょうか。退院して旅に出かけて行った民代の最後の奮闘も見られそうです。長く生き続けることだけでなく、自分らしく自分の力で輝いて生きることの大切さを医者の心や薫たちとほかの患者たちに示してくれるのだろうと思います。

30代男性 はいとーんさんの次回考察

再び心強いタッグとなった二人が、今度は妊婦のがんと向き合います。
自分の命と生まれ来る子供の命。夫からすれば愛する妻と、愛することになる子供の命。
天秤にかけられるはずもなく、両方救って欲しいと思うのが人の心。しかし現実はそういうわけにはいきません。
スーパードクター的なドラマならどちらも救ってしまうんですけどね。心と薫はどういう結論を導くのでしょうか。

予告によれば、どうやら夫婦は子供を中絶したくないという意志が強いらしく、でもそれは同時に妻を殺してくれという選択でもあるわけです。
一般的な認識で言えば、今いる愛する者の命を犠牲にしてまで、新しい子供が欲しいという考えは中々に、特に夫側からすれば出てこないとも思いますが、う~ん、でも妻側からも出てこないですよね。自分が死んでも子供を産みたいとは。
もちろん絶対にありえないということではなく、どちらが正解という話ではないんですが。

だからこそ、どういう経過で夫婦がその結論に至ったのかは、気になるところです。

30代男性 まさかりさんの次回考察

次回は病院に妊娠したがん患者がやってきて、どのように治療していくのかを話し合うと思います。恩田はガン治療に専念させるために中絶を勧めるような気がします。絶対にガン治療において妊娠していることはマイナスにしかならないと思います。なので中絶するように話すのですが、その女性は産むことを選択してしまうと思います。でもやはり母体の命を優先するためには中絶しか方法はないので、薫にまた頼んで女性を説得してもらおうとお願いします。その後、薫の説得の甲斐があって中絶することになり薫が手術をすることになります。無事中絶が終わり癌治療をどのように勧めるか話し合うとやはり抗がん剤治療をしながらガンを小さくして手術すると言う手法をとるような気がします。その後、抗がん剤の影響で髪が抜け出して手術を受けなんとか薫が癌細胞の切除に成功すると思います。それから少しして、民代が旅行から帰ってきて恩田たちにお土産をたくさんくれるような気がします。

20代女性 なーさんの次回考察

次回の話は妊娠中の女性が妊婦検診に来た際にがんが見つかってしまう話のようです。がんの治療をしなければ母体はがんが進行してしまい危険な状況になりますし、母体が危険だと胎児にも悪影響を及ぼすと思います。しかし、この夫婦は念願の赤ちゃんのようです。抗がん剤治療などをはじめるには、どちらにせよ胎児には良くないことなので「治療をしていく=中絶しなければならない」ことになると思います。私自身も現在妊娠をしているので、もし同じような状況になったらどうしていいのか悩むと思います。実際にこの夫婦は中絶をしないことを望むようです。腫瘍内科の先生たちからすると、お母さんの命があっての赤ちゃんなので治療するように話をすると思います。心先生たち腫瘍内科医たちはこの患者さんの思いをどう汲み取ってどんな治療方針を考えていくのか注目したいと思います。また、この患者さん夫婦もその治療方針を聞いたうえでどのような決断をしていくのか見届けたいです。

アライブ-がん専門医のカルテ-を今すぐ観る

『アライブ-がん専門医のカルテ-』をDailymotionやパンドラで観てはいけないの?

「ドラマや映画など、動画共有サイトで観てるよ」っていう人もいるでしょう。

ですが、私は絶対にオススメしません

特にDailymotionやパンドラは海外サーバを利用しているため、ウイルスへの感染やフィッシング詐欺で個人情報を盗まれる可能性があります。

『アライブ-がん専門医のカルテ-』を今すぐ観る

まとめ

『アライブ-がん専門医のカルテ-』第8話の見逃し配信は『FOD』が断然オススメ!!

アライブ-がん専門医のカルテ-を今すぐ観る

※FOD1ヶ月無料お試しはアマゾンアカウントで登録することが必須です!
本ページの情報は2020年02月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク