FOD

【アライブ】主題歌を歌っている『須田景凪』はボカロP出身!「はるなどり」が主題歌に選ばれたきっかけや本人のコメントも!

スポンサーリンク

2020年1月9日(木)『アライブ-がん専門医のカルテ-』が放送されました。

 

主題歌は須田景凪(すだ けいな)の「はるどなり」です。

 

「最近音楽うといんだけど、須田景凪の曲って聞いてるとなんか落ち着くから好きなんだよね~」

「須田景凪ってどんな人なの?」

ドラマを観て、須田景凪が気になった人や、知ってるけどもっと須田景凪を知りたいなと人に向けて書いています。

主題歌「はるどなり」についてや須田景凪の今までの活動内容、今回主題歌に選ばれたきっかけ、本人のコメントなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

【アライブ-がん専門医のカルテ-】ストーリーをざっくりとご紹介

アライブ がん専門医のカルテは、松下奈緒ががんのスペシャリストを演じるメディカルヒューマンドラマです。

日本のドラマとしては、初となる腫瘍内科「メディカルオンコロジー」が舞台となります。

国内でも少ないと言われるがんのスペシャリストである恩田心(通称オンコロ先生)と、消化器内科医の梶山薫(木村佳乃)がタッグを組んで、悲しみや痛みを抱えた患者を全力で支え、そして治療していきます。

恩田心や梶山薫もそれぞれに痛みと秘密を抱えながら患者との信頼関係を深め、病気と向き合っていく姿を描いています。

アライブの「いま、誰かのために強くいきたい」という強いメッセージは、ドラマの主旨となっています。

アライブの主題歌「はるどなり」ってどんな曲?

昔から「どんなアーティストになりたいか?」とよく質問されていた須田景凪さんは、「武道館でのライブで何十万枚売れるとかではなくて、聴いてくれる人の日常に溶け込みたいと思っているんです」と答えていました。

「学校や仕事の行き帰りとかにきいてもらったり、日常を色付ける役割になりたいので」という須田景凪さんの曲作りの姿勢が、「悲しくも、辛くも前向きを目指して生きていく」というアライブのドラマ内容にぴったりと当てはまったのだと思います。

「はるどなり」は、須田景凪初の実写作品の主題歌で、このドラマのために書き下ろした楽曲になります。

タイトルの「はるどなり」は「春隣」からきており、春がもうすぐそこまできている事を表しています。

須田景凪チェック情報

・公式サイト
https://www.tabloid0120.com/

・YouTubeチャンネル ・須田景凪 バルーン
https://www.youtube.com/channel/UC3Bjw_Ek1FTbhEKZsh9uo1w

・Twitter
@__tabloid※公式スタッフアカウント
@balloon0120※本人アカウント

・Tokyo FM/JFN38局SCHOOL OFF LOCK!2月4日(月)22時023時55分 初の全国放送ラジオ生出演決定

・フジテレビの番組予告で「はるどなり」の一部が視聴可

アライブの主題歌を歌っている須田景凪ってどんな人?

??年1月20日生まれ、東京都出身。

ミュージシャン、シンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家。(時にはイラストも書くこともあるそうです)

中学生の時に憧れだったドラムセットを購入し練習してバンド活動を始めます。

ですが、ドラマーだけの音楽活動に限界を感じ、今まで使っていたドラム機材一式を売りに出し、パソコンとギターを購入します。

本格的に作詞、作曲に専念することを決めます。

 

 

2013年『バルーン』としてボカロPという形で「造形街」をニコニコ動画に初投稿します。

 

 

その後「雨とペトラ」「レディーレ」などが次々にヒットしました。

 

 

シャルル」のセルフカバーはYouTubeで4000万回以上再生を記録しています。

ボカロPって何?

VOCALOID技術を駆使して創作活動を行う人の通称。

ニコ動から普及したそうです。

米津玄師さんも、ボカロP→シンガーソングライターの転向で有名ですね。

スポンサーリンク

アライブの主題歌になったきっかけは?本人のコメントも

太田大プロデューサーは、数年前に須田景凪がニコニコ動画で活動していた時の楽曲を聴いて「痛みや悲しみを昇華させる力のある歌を書かれる、すごい才能の持ち主だなぁ」と感じていたそうです。

その後発表されてきた数々の楽曲も聴いてきて、いつか一緒に仕事がしたいと思っていたそうです。

今まで須田景凪が、聴いてくれる人たちの身近な存在になれるように楽曲を作ってきたことが、プロデューサーの心を魅了し、今回の主題歌に選ばれたように思います。

聴いてくれる人たちの前を行こうとするのではなく、隣にいて音楽を通してそっと支えてくれる

須田景凪の楽曲は、アライブの主人公たちが患者たちに寄り添い、伴走する姿と一緒だなと思いました。

須田景凪と太田大プロデューサーのコメント

太田大プロデューサー「はるどなりは今回のドラマのテーマである生きるということを情緒豊かにかつ冷静に見つめた楽曲。胸を打つ歌詞と美しいせん律がドラマを包みこんでくださること、とても楽しみにしています。

須田景凪「自分の中にある命への価値観とリンクする描写が多々あり、ゆっくり丁寧に制作しました。冷たくも温かい物語に添う楽曲になったと思います。

『アライブ-がん専門医のカルテ-』の見逃し配信はFODがオススメ

FODプレミアム 全話配信!
TVer(ティバー) 放送から一週間以内の最新話のみ
Gyao! ×
Hulu ×
U-NEXT ×
Paravi ×

放送から一週間以内であれば『TVer(ティーバー)』で観るのがオススメです。

一週間以上経っているのであれば『FOD』で観るのが一番お勧めです!



FODには無料お試し期間が30日間あります!

期間中に解約すれば一切お金がかかりません!

つまり完全無料で見逃し配信を観ることが可能です。

無料で『アライブ-がん専門医のカルテ-』を視聴したい人には嬉しいサービスですよね。

FODのオススメポイント!!

現在一ヶ月の無料お試しキャンペーン中

・無料期間中に解約すれば料金は一切かからない

・無料期間中も最大1,300ポイントをゲットできる!

・大量の漫画が無料で読み放題

・現在配信中の最新ドラマは全て見放題

\FODを1ヶ月間無料お試ししてみる/

『アライブ-がん専門医のカルテ-』を今すぐ観る

まとめ

アライブ-がんの専門医のカルテ-は、日本のドラマで初となる腫瘍内科を舞台にした医療ドラマであることがわかりました。

アライブはがんに立ち向かう2人の女医が痛みや秘密を抱えながらも患者に寄り添っていくドラマでした。

そんな奮闘する姿を描いたアライブの主題歌須田景凪の「はるどなり」はまさにぴったりの楽曲と言えます。

今後も須田景凪の活躍に注目ですね。

アライブ第1話の見逃し無料動画フル配信はこちら!あらすじ・ネタバレストーリーや感想、次回考察も!2020年01月09日(木)にTVドラマ『アライブ-がん専門医のカルテ-』の第1話が放送されました。 アライブ-がん専門医のカルテ...

※FOD1ヶ月無料お試しはアマゾンアカウントで登録することが必須です!
本ページの情報は2020年01月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク