雑学

チョコの定番!ゴディバが高い理由は?世界のゴディバ価格も調査してみた!ゴディバがローソンに再登場!

スポンサーリンク

ゴディバがローソンとコラボして再登場しました。

ゴディバと言えば、世界の高級チョコレートとして、日本でも人気のチョコレートのメーカーの1つです。

特にバレンタインデーの季節は、自分で食べる分を購入する人やギフトとして購入する人も少なくありません。

ゴディバは世界でも高いのでしょうか?世界のゴディバ市場や、ローソンのゴディバで人気ランキングと価格について紹介します。

スポンサーリンク

ゴディバとはどこの国のチョコレート?

ゴディバは、どこの国にチョコレートなのでしょうか?

ゴディバは、トルコの食品メーカーの子会社が作ったベルギーのチョコレートメーカーです。

1926年にブリュッセルにてチョコレート職人のピエール・ドラップスさんと、ルイーズ夫人が発売しました。

発売後、ベルギーの王室御用達ということで全世界で販売されています。

ちなみに名前の由来は、イングランドの伝説にでてくるゴダイヴァ夫人(Lady Godiva)から取られています。裸の女性が馬に乗っているマークもゴダイヴァ夫人(Lady Godiva)の伝説からついたそうです。

現在は、スイスだけでなくアメリカやヨーロッパでも作られているようです。

世界のゴディバの価格を調査

ここでは、世界のゴディバ価格を調査してみます。

ゴディバのハートの入れ物に入った14粒入りで調査しましたので紹介します。

・日本:3,800円
・ベルギー(免税店):2,300円
・ポーランド:3,200円
・バンコク:4,000円

このように、ゴディバはベルギーや他のヨーロッパから輸送されていますので、ベルギーから遠ければ遠いほど価格が高くなるそうです。

輸送量でゴディバは高くなっていますが、製造元のベルギーでも1粒約160円ですので高級なチョレートであることが分かります。

アメリカには、安いゴディバもある?

ゴディバが高級チョコレートと紹介しましたが、アメリカでは日本で言う板チョコ感覚で食べられています。なぜ、板チョコ感覚で食べているかというと、アメリカには安いゴディバがあるからです。

トルコの食品会社が子会社化されたことにより、ベルギーの手作りで作られているゴディバと違い、アメリカでは機械で大量生産しているゴディバがあります。

そのゴディバは袋詰めされているゴディバです。

日本で売られているゴディバは、ほとんどが箱に入っているゴディバですが、アメリカには日本のチョコバーのように簡易包装されているゴディバがあるそうです。

その価格は、ベルギーのゴディバと比べると約10分の1です。しかし、手作りに比べて少し味が落ちると言われています。

その理由は、ベルギーのゴディバは6人の職人しか新商品を開発できないなど、こだわって作られているので美味しいそうです。

日本では高級チョコレートとしてのイメージを損ねたくないため、袋で簡易包装されているゴディバはほとんど販売されていません。

安いゴディバを見かけた場合の見分け方は、製造国と賞味期限(ベルギー産のゴディバは2週間程度と賞味期限が短い)で分かります。

スポンサーリンク

日本のローソンゴディバコラボで人気ランキング


ゴディバが監修したローソンとのコラボ商品の人気ランキングを紹介します。

1位:Uchi Cafe×GODIVA ショコラアイスクリームロールケーキ:税込380円

1位のUchi Cafe×GODIVA ショコラアイスクリームロールケーキは2017年6月に発売された当初2週間で約250万個発売された人気商品です。

ローソンでお馴染みのプレミアムロールケーキに似た商品で、2020年1月29日より発売されていますが、今回も売り切れ店が続出しているそうです。見かけたら即購入することをおすすめします。

2位:GODIVA×LAWSON BAKERY ショコラパン:税込210円

2位のGODIVA×LAWSON BAKERY ショコラパンは、ゴディバとローソンがコラボした初のパンです。チョコレートのフランスパンにチョコレートクリームをサンドした、チョコレート好きにはたまらない商品です。

3位:Uchi Cafe×GODIVA ガトーショコラ ノワール:税込450円

3位のUchi Cafe×GODIVA ガトーショコラ ノワールはコラボ商品の中でも価格は高いですが、ゴディバの店舗でケーキが販売されることがありませんので、人気の1つです。

ローソンとゴディバのコラボ商品は、あくまでもゴディバが監修したものですので、ベルギーで作られているものではありません。しかし、味は近いものがありますし、人気があるコラボ商品です。

まとめ

日本で販売されているゴディバは、1つ1つ手作りで作られていることや、海外からの輸送費により価格が高いチョコレートです。

味やブランドの影響力もあり、日本でも人気のチョコレートメーカーです。

しかし、チョコレートを製造している本場のベルギーではゴディバを食べている人が少ないようです。

食べるよりも、お土産として人気のようで、ゴディバのチョコレートを作っているからと言って、食べるという訳ではないようです。

バレンタインの相場!年齢別やプラスで渡すと喜ばれるちょっとしたプレゼントも!クリスマス、お正月が終わり、冬のビッグイベント続いてはバレンタインが近づいてきましたね。 近年では大切なパートナー以外にも親や上司...
人には聞けないバレンタインの相場!?いよいよバレンタインデーが近づいてきました。 最近のバレンタインデーは、本命チョコ以外に、義理チョコ、友チョコなどチョコ配りイベン...
もうチェックした?バレンタインチョコレート博覧会2020もうすぐ女性最大のイベント、バレンタインデーがやってきますね。 女性の方は「市販」「手作り」どちらか悩まれてるのではないでしょうか...
【チョコレート】生チョコの発祥は日本って知ってた?生チョコとはそもそも何?オススメの生チョコも!バレンタインデーが近づき、お店にチョコレートの香りが漂っています。 最近は好きな人にチョコレートを渡すのではなく、友達との交換や自...
スポンサーリンク