雑学

『指向性スピーカー』って知ってる?狙いを定めて音を届ける!

スポンサーリンク

職場や家庭など周りに人がいる状況下で自分だけで音楽や動画を楽しみたいってことないですか?

イヤホンをすればいいじゃないと思うかもしれませんが、耳をふさぐことは窮屈になるので避けたいし、周りの音が聞こえないのも困る場合もありますよね。

そんな時に活躍するのが指向性スピーカーと言われるもの。

みなさんご存じでしょうか。

今回は指向性スピーカーについてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

指向性スピーカーとは

指向性スピーカーとはその名の通り指向性が高いスピーカーになります。

え?指向性が高いって何?

具体的には普通のスピーカーが放射状に音を届けるのに対し、指向性スピーカーは直線状に音を届けます。

そのため、音が届く範囲を一定の方向に制限することができます。

ではそれがどんな効果につながるのでしょうか。

どんなメリットがあるのか

指向性スピーカーのメリットは音を届ける対象を制限することができるということにあります。

通常のスピーカーだと近くにいるとそのスピーカーから音が出ていれば聞こえるのに対し、指向性スピーカーはスピーカーの真横にいても向きによっては全く音が聞こえません。

この機能は情報を伝えたいが周りの邪魔にならないように配慮する必要がある場所に多く利用されています。

次のページで活用事例を紹介させていただきます。

スポンサーリンク

日常生活での活用方法は?

ではどういったところで指向性スピーカーは活用されているのでしょうか。

少し活用事例を紹介したいと思います。

映画館のロビー

映画館のロビーなどで利用されていることがあります。

大きい映画館のロビーなどでは宣伝として映画の予告編がいくつかの小型モニターで流れています。

しかし、別の映画の予告編が少しでも聞こえると全然集中できません。

そのため指向性スピーカーを使うことでゆっくり予告編を見て少しでも見ていない映画に興味を持ってもらうようアプローチしています。

この機能は展示場や美術館などにも利用されています。

商品サウンドポップ

店舗の商品陳列棚の前などに利用されています。

特定の商品が陳列されている棚の前に立つとその商品の詳細情報を音声で届けています。

対象商品の詳細情報は隣のコーナーにいる方には全く意味のなくノイズでしかありませんので指向性スピーカーが有効に使われています。

これはスーパーの野菜コーナーや総菜コーナーなど活用事例が多く見られます。

その理由としては「関心のあるお客様にさらに詳しい情報を伝えた場合、商品を購入しやすくなる」という研究成果が出ているからです。

ですから特定商品の前で詳細情報をお届けするというのはかなり有効なアプローチなのです。

エスカレーター

エスカレーターはこの説明を聞くと「あー!」となるかもしれません。

エスカレーターの終了間際に注意喚起が流れているのを聞いたことがありませんか。

あれも指向性スピーカーが使われています。

もちろん中途半端なところでもうすぐエスカレーターが終わりますと言われても何も意味ないですからね(笑)

以上3つの指向性スピーカーの活用例を上げましたがほんの一部にしかすぎません。

ほかにもジムのランニングマシン、ホテルロビー、デジタルサイネージ、交通広告などで利用されており、我々は全く気が付かずにその恩恵を受けていたのかもしれないですね。

スポンサーリンク

指向性スピーカーの可能性

では今後指向性スピーカーはどのように活用されるのでしょうか。

最近ではAIと組み合わせ活用案も出てきております。

使い方としては美術館や展示場など大人や子供も訪れるような場所で背丈に合わせて音声案内の内容を変えるなどが可能です。

また、デジタルサイネージと組み合わせることで多言語の案内サービスも可能です。

同じ空間にいるにも関わらず用途や目的、対象者によって全く異なった音を届けることができる指向性スピーカーは技術次第で可能性は無限に広がります。

まとめ

業務用の指向性スピーカーがメインで紹介させていただきましたが、個人用の指向性スピーカーももちろん販売されています。

指向性スピーカーを利用することで快適に周りに迷惑をかけずに音楽や動画を楽しみいただけます。

興味があれば購入されてみてもいかもしれないですね。

スポンサーリンク
あわせて読みたい