ニュース

【FF7】脅迫を受けた『伊藤歩』さん演じるティファ・ロックハート!その魅力を振り返る!

スポンサーリンク

現在、『FINAL FANTASYⅦ』のティファを勤めた女優の伊藤歩さんが脅迫を受けたことで世間が騒がしくなっています。

伊藤歩さんと言えば、1993年に映画出演して以来多くのドラマ、映画で活躍中です。

『FINAL FANTASYⅦ』は来年リメイクも予定されており、多くの人がご存知ではないでしょうか。

私も『FINAL FANTASYⅦ』にはゲームに映画に楽しませていただきました。

今回は伊藤歩さん演じる「ティファ・ロックハート」についてまとめていきたいと思います。

ぱんだくん
ぱんだくん
書類送検された男女は「ティファの声を変えろ」と主張していたそうですよ
ぶた先生
ぶた先生
伊藤歩さんの声、ピッタリと思うけどなぁ
スポンサーリンク

『FINAL FANTASYⅦ』って何?

FINAL FANTASYⅦ』とは、1997年に発売して間もなく202万本を売り上げた近未来RPGゲームです。

その後直ぐに海外版なども発売され、特価価格版も合わせると総出荷数は400万本に及びました。

人気作の新シリーズだったというのもありますが、グラフィックと音楽が退廃的かつ近未来を感じさせ、当時珍しい技術だったこともあり注目の的だったゲームです。

グラフィックは当時の画期的な技術

当時まだ珍しかった3D技術を使った、ポリゴン調のグラフィックは、新しいゲーム時代の幕開けを感じさせられました。

キャラクターの服装等も、味があって個人的には好きでしたね。

背景やシステムも目新しいものを揃えており、流石時代の先駆けです。

戦闘システムや音楽、背景にもこだわりが感じられた

戦闘システムはキャラクターが使う技の自由度が高い「マテリアシステム」が搭載され、好きなキャラに好きな技を覚えさせる事が出来るシステムは、当時では活気的です。

世界観をよく表した退廃的な音楽や、グラフィックは引き込まれるものもありました。

勿論、現在の技術から見れば拙いのですが、今でもあの近未来的でかつ幻想的な風景は忘れられません。

キャラクターとデートが可能

キャラクターの好感度によってイベントが発生するのも目玉の一つです。

ストーリー中の会話で好感度が変化します。

とある遊戯施設を訪れた時に、一番高い好感度の対象キャラクターとデートが可能です。

因みに一人男性キャラクターがいます。

個人的に男性キャラクターともデート出来るなら、隠しキャラのヴィンセントも候補に入れて欲しかったです。

王道の幼馴染設定が素敵ということで、ティファを選んでましたが、一通り全員は見ました。楽しかったです。

「ティファ・ロックハート」って誰?

主人公の幼馴染で、デートイベントの対象でもあるヒロインの一人です。

アバランチという組織に所属しています。

黒いサスペンダーに白いタンクトップでタイトなミニスカートを履いており健康的なファッションです。

その為、アクションシーンは色んな意味で見応えがあるものになっています。

推しポイントは露出度と格闘技の強さ

ヒロインですが、肉弾戦を得意としておりまして蹴りが特に見事です。

履いているのがミニスカートで随分と丈が短いので、かなり際どいアクションを楽しめます。

必殺技を出せば、コンボで格闘術を繰り出してくれますので躍動感あり魅力が際立だっておりました。

また、へそ出しでサスペンダーというのもポイントが高いです。健康的で活発な彼女の魅力がよく出ております。

強さと弱さの二面性

表向きは辛い境遇ながらも、明るい性格で好感が持てます。

しかし、素直になれない性格で抱え込みやすくほうっておけないところもまたティファの魅力です。

もう一人のヒロインが、儚げながらも芯が強く前向きですので正反対だからこそ、際立って見えます。

声優は二度交代している

実はティファ役は伊藤歩さんが初めてではありません。

元のゲームには声が有りませんでしたので、映像作品版からの出演となります。

その二つの間に、『エアガイツ』という人気格闘ゲームのキャラクターが出演する格闘ゲームに「ティファ」の出演がありました。

そこでは、別の声優さんがティファ役を担当しております。

2020年『FINAL FANTASYⅦ』がリメイクされる!

1997年当時グラフィックで話題を呼んだゲームが、現在の技術を得るとどう産まれ変わるのかとても興味があります。

ファンの中には待ち望んだ人も多いのでは無いでしょうか。

ムービーシーンも公開されており、戦闘シーン直前の会話を見ても高まる期待が抑えられません。

声優さんの行方も気になるところ

伊藤歩さんへの脅迫被害もありますが、声優さんが亡くなっているキャラもおり、誰が声優をするのかが懸念されます。

特に、亡くなられた野沢那智が演じる宝条博士は悪役でしたが、個人的に好きなキャラでしたので今後も動向をおっていきたいです。

スポンサーリンク

まとめ

魅力いっぱいのティファを今後、伊藤歩さんが脅迫に負けず演じてくださるのか、それとも他の声優さんに変わってしまうのかハラハラしますね。

伊藤歩さんへの批判も多いですが、個人的には脅迫に負けないで欲しいところです。

当時話題を呼び、思い入れも強い人々が多いだけに皆が満足いく結果になってくれればいいなと思います。

ぱんだくん
ぱんだくん
声優交代はしないでほしいですね
スポンサーリンク