雑学

『幸楽苑』ってどんな店?昭和29年創業のラーメン店!ファンが多い理由を徹底解剖!

スポンサーリンク

今や定番の国民食と言われる程の地位を確立したラーメン。そんなラーメンはジャンルが多岐に渡り、様々な店があります。

その中でも特に関東地方では見たことは無いと言わんばかりのラーメンチェーン店があります。それは黄色の看板でお馴染みの「幸楽苑」です。

子供から大人まで十分に満足するメニュー展開と季節ごと定期的に新しいメニューを提示してくる攻めの姿勢も兼ね備えた企業です。

そんなラーメン一筋の大人気店舗を色々な角度から見ていきましょう

スポンサーリンク

幸楽苑の歴史!実は苦難だった道をみてみよう!

Twitter

看板を見たことある人は既にご存知かと思いますが、昭和29年創業の老舗ラーメン店なので歴史はとても長いです。

どこが発祥か知ってる方はあまりいないと思いますが、何と福島県で創業されたんですね。そこから東北地方や関東地方に展開していき、徐々にフランチャイズの店舗を増やしていきました。

しかも創業当時の昭和29年は現在の店名でなく「味よし食堂」と言う店名だったんですね。しばらくその名前で昭和42年に現在の「幸楽苑」となりました。

順調に業績を伸ばしてましたが、平成18年に転機が訪れました。従来390円で販売していた主力の「中華そば」を290円に値下げしました。この看板を覚えている人は結構多いと思います。

しかし、これにより赤字が続いてしまい平成27年にこのメニューを終了し「醤油ラーメン司」に切り替えました。やはり安売りは限界がいつか来るんですね。

そして現在は「醤油ラーメン司」が「極上中華そば」に変わり、安売りでない原点回帰を図ろうとしているのかなと思います。

順調そうな企業でもこうして歴史を紐解いてみると案外悩ましい時期を過ごしているんですね。お客として行ってるだけでは中々気付かないと思います。

中華そばだけじゃない!お客を飽きさせないメニュー

Twitter

前述でも触れた中華そばが主力の幸楽苑ですが、幅広く楽しんでもらえるメニュー展開をしています。

(2020年現在では)
・醤油ベースのラーメン
・味噌ベースのラーメン
・塩ベースのラーメン
・豚骨ベースのラーメン
・つけ麺

この5種類が定番のメニューとなってます。全く偏りがなく、どの好みにも合わせにいってるので本当にお一人様から友人同士、恋人同士や家族まで楽しめます。

また、餃子や丼ものもありガッツリ食べたい人にもピッタリなメニュー構成となってます。また女性や高齢の方のニーズに合う減塩もラインナップされているのでもはや死角がないですね。

あなたはどの味が好みでしょうか?

スポンサーリンク

地味に人気の持ち帰り餃子!ファンが多い理由とは!?

Twitter

幸楽苑の餃子は冷めても美味しいという評判も聞かれるんですね。そして持ち帰り餃子も実は結構人気だったりします。

幸楽苑の店舗で餃子を食べる場合はスタッフの中でも餃子の焼き方の試験を通過したスタッフのみが焼くそうで、焼き方にもこだわりがあります。チェーン店だからと言って誰でもいい訳ではないんですね。

その内容としては、テレビなどでも紹介された餃子マイスター制度を導入しています。厳しい試験を突破した餃子マイスターが焼いた幸楽苑の餃子は専門店にも負けない位美味しい焼き上がりなので気になる方は是非とも食べてみて欲しいですね。

その餃子も持ち帰りでは「冷凍生餃子」と「焼餃子」の2種類の方法で持ち帰りが可能です。焼き加減にこだわりがあったり、いつでも食べられる様にストックをしておきたい方は冷凍生餃子をオススメしたいですね。

もちろん焼餃子も持ち帰ってゆっくりくつろぎながらビールのお供に食べると最高だと思います。

冷凍生餃子は定期的にキャンペーンも実施しているので情報を確認しながらお得に、そしてお安く手に入れるのも賢い買い物だと思います。

スポンサーリンク

季節限定などのメニューが遊び心たっぷりで凄い!

Twitter

なかなかイメージが湧かないと思いますが、幸楽苑は期間限定で新メニューや復刻メニューを色々と出しています。

割りとトレンドを取り入れたり、消費者のニーズを探ったりするパターンがある様に思えますね。それでは、ほんの一部をご紹介します。

・五目野菜ラーメン
・鶏白湯ラーメン
・煮干ラーメン
・酸辣湯麺
・激辛つけ麺
・味噌カレーラーメン
・ローストビーフ入り牛骨ラーメン

これらは挑戦的であったり復刻版であったり、人気が出れば再度登場するパターンもあります。

そして極めつけの限定メニューがこちら。
・チョコレートラーメン

Twitter

バレンタインの企画なのですが、一体どんな味がするのか想像すら出来ないですね。案外美味しいかも!?と思わせるのは凄い事です。

もしかして人気が少しずつでも出れば毎年チョコレートラーメンは登場するかも知れません。全ては消費者のチャレンジ精神にかかってるのではないでしょうか。

まとめ

Twitter

いかがでしたか?常に順風満帆の様な経営をしてきた印象でしたが、決してそんな事は無かったんですね。

やはり現状に満足しないで常に先を読んでいるのは流石だなと思います。そして何よりもラーメンを食べる人々を笑顔にする力は改めて凄いなと感じました。

これからも素敵な新メニューに期待しつつ、定番から限定ものまで色々なラーメンや餃子を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
あわせて読みたい