モトカレマニア

モトカレマニア第7話の見逃し無料動画フル配信はこちら!あらすじ・ネタバレストーリーや感想、次回考察も!

スポンサーリンク

2019年11月28日(木)にTVドラマ『モトカレマニア』の第7話が放送されました。

『瀧波ユカリ』先生の少女漫画が原作のこの作品は毎週木曜日22時に放送されています。

この記事はドラマ『モトカレマニア』第7話を見逃してしまった人の為に、見逃し配信の無料視聴方法をお知らせしています!

余計な情報はいらないから無料で見る方法を教えて!

という人向けに結論から書きますが、FODでTVドラマ『モトカレマニア』の第7話を観ることができます

FODを1ヶ月無料で試してみる

ぱんだくん
ぱんだくん
FODはAmazonアカウントで登録すると1ヶ月無料です
スポンサーリンク

『モトカレマニア』第7話の見逃し配信はFODがオススメ

FODプレミアム 全話配信!
TVer(ティバー) 放送から一週間以内の最新話のみ
Gyao! ×
Hulu ×
U-NEXT ×
Paravi ×

放送から一週間以内であれば『TVer(ティーバー)』で観るのがオススメです。

一週間以上経っているのであれば『FOD』で観るのが一番お勧めです!



FODには無料お試し期間が30日間あります!

期間中に解約すれば一切お金がかかりません!
つまり完全無料で見逃し配信を観ることが可能です。

無料で『モトカレマニア』第7話を視聴したい人には嬉しいサービスですよね。

モトカレマニアを今すぐ観る

FODのオススメポイント!!

現在一ヶ月の無料お試しキャンペーン中

・無料期間中に解約すれば料金は一切かからない

・無料期間中も最大1,300ポイントをゲットできる!

・大量の漫画が無料で読み放題

・現在配信中の最新ドラマは全て見放題!

FODを利用している人たちの声

モトカレマニア第七話 あらすじ・ネタバレストーリー

3組それぞれのカップルが幸せな形でのスタート。

朝起きたら、まこちがベッドの隣で寝ているシーン。

職場でもまこちとゆりかは付き合っていることを公言します。

仕事場でも、ゆりかの仕事をまこちが助けるという男らしい場面で、ゆりかの惚気が止まりません。

さくら先生の受賞パーティに招待された山下さんと麦ちゃん。

そこに山下さんに告白した職場の同僚が。

気まずそうな雰囲気で皆で行くことになります。

さくら先生宅に次から次へとパーティの参加者が来ます。

麦ちゃんと職場の女との間にバチバチとした雰囲気が流れます。

修羅場のホームパーティという名前が付けられました。

パーティで山下さんと麦ちゃんが結婚について問われた時、ゆりかのフォローが入ります。

ちょくちょく白井がナイスパスを回しますが、ちづるが鋭い質問を麦に投げかけます。

麦からは本心ではなさそうな様子で結婚については考えていないと発言が出ました。

パーティにはゆりかの親友も参加しますが、まこちに対して強く発言したことで2人にも気まずい雰囲気が流れます。

まこちとゆりかは皆にそれぞれどこが好きか質問されますが、2人はうまく答えることができませんが、「顔」ということで皆笑顔でその場を流します。

ゆりかの親友がまこちに問いただしますが、まこちはゆりかの好きなところを具体的に答え、仲良くなりました。

そんなところに次の来客、さくら先生の元彼が登場。

しかし、指輪が外れています。

その姿に驚くさくら先生。

麦ちゃんはなぜ、北海道という土地にこだわるのか周りに言ったところ、山下さんが北海道に行くことを勧められますが、ちづるが山下さんが職場から離れることに対して反対します。

麦と山下さんがイライラし、喧嘩モードがはじまります。

逃げていった麦を追いかける山下さん。

山下さんを好きだけど、同じくらいラジオの仕事が好きな麦。

2人は抱き合い、山下さんは麦に告白をします。麦のことを好きだけど、麦の仕事を応援したい山下は、別れを告げます。

まこちからは真剣に2人の将来を考えようということを言われます。

最後、まこちはクライアントの家に行きますが、どうやら怪しい様子で終了となります。

あらすじ別バージョン

ユリカとマコチは再び付き合うことになりました。

翌日、チロリアン不動産の人達にこのことを報告し、みんなから祝福を受けました。

さくらは「ハッピーウーマン2019」に選ばれたことのお祝いも兼ねて、彼女の自宅でホームパーティーを行うことにしました。

いろいろな人たちを招待し、にぎやかなパーティーが開かれました。

そこへやってきたむぎと山下、そして千鶴は不穏な空気を漂わせながらも、パーティーでは結婚の話になりました。

むぎは北海道へ帰ることが決まっていますが、山下とは具体的に将来の話をしていませんでした。

些細なことでむぎと山下は喧嘩になり、二人はそのまま2階へ上がってしまいました。

そこで、山下はむぎに別れを告げることにしました。

むぎもそれを承諾しました。

翌日、ユリカとマコチはユリカが作ったいつもよりも豪華な朝ご飯を食べていました。

そこで、マコチは二人で住む場所を探そうとユリカに提案しました。

マコチはユリカから担当を引き継いだ桃花の物件にやって来ていました。

あらすじ別バージョン

マコチとユリカが一緒に暮らすことになっていた。

朝、会社に行くと同僚からハッピーなオーラがあると突っ込まれる。

そこでマコチがユリカと付き合うことになったと告白する。

そこに桃香がやってきて家を売りたいとユリカに相談する。

忙しいユリカに変わりマコチが桃香の担当をして対応することになる。

その後、サクラはハッピーウーマンという賞を受賞したのでユリカがお祝いパーティーを開こうと山下に連絡を入れてメンバーを集めてもらう。

パーティー当日サクラとは面識のない人たちもたくさん来てパーティーは始まる。

少し遅れてひろみもやってきてマコチとユリカが付き合いだした話などから結婚の話、子供の話、相手のどこが好きなのかなど色々と話題は尽きない。

またチャイムがなりサクラの元カレもやってきてしまう。

そこで山下とむぎちゃんが口論になってしまい、また北海道にむぎちゃんが帰ってしまうことから別れることを決断する。

後日、マコチは桃香が売ろうとしている家を訪れるのであった。

あらすじ別バージョン

マコチとユリカは付き合うことにしました。

職場でも、そのことを報告する2人です。

さくらは、「ハッピーウーマン2019」に選出されました。

でも、賞を主催しているのはさくらの小説の出版元なので、複雑な面持ちのさくらです。

チロリアン不動産に、桃香が訪ねてきました。

元夫と住んでいた家を売りたいという要望です。

担当するのは、マコチになりました。

受賞祝いのパーティーを、ユリカが企画することにしました。

さくらは、いろんな人をたくさん呼んで欲しいとの希望です。

ユリカは、周囲の友人知人に声をかけます。山下とむぎにLine連絡したとき2人は一緒で、さらに横には千鶴もいました。

成り行きで千鶴にも声を掛けると、行くとの返事でした。

むぎと千鶴との間に微妙な空気が流れます。さくらのうちでパーティーが開かれました。

その際、山下とむぎは、お互いに好きでいながらもむぎの仕事の希望を尊重して、別れの選択をすることになってしまいました。

モトカレマニアを今すぐ観る

スポンサーリンク

モトカレマニア第七話感想

20代女性 まいさんの感想
さくら先生が彼氏に対して直接はクールな雰囲気なのに、実は恋して眠れなかったりする様子がとても可愛いと感じました。さくら先生のせっかくのお祝いパーティなのに山下さんを取り巻く女性が気まずすぎてみていられませんでした。

なぜ麦ちゃんがちづるさんをこのパーティに招待したのか…その理由がとても切なく、遠距離の辛さを感じました。

山下さんの雰囲気で料理が上手なのがすごくツボでした。

そして、白井のナイスキャラで場が和んでいるのがいつもすごく面白いです。

まこちはゆりかと結婚を考えているというニュアンスを言い、すごくうれしくなりました。

山下さんをめぐる3角関係については、みんながイライラしてそれぞれの思いがわかった故、切なくなりました。

田中みな実が告白されているシーン…とても切なくなりました。

ついにはっきりと山下が麦との別れを決断し、本当は好きなのに、付き合い続けることができない距離の問題…仕方ないとはいえ、なんとかうまくできないものかとどうして…と思うばかりでした。

50代女性 ミカコさんの感想
桃香という新たな刺客がマコチとユリカの今後に影響を与えそうな気がしました。
マコチは自覚がないかもしれませんが、彼の優しさが今まで何度もユリカや他の女性を傷つけてきました。もしかしたら、またもや桃香とマコチはそのような関係になってしまうのではないかと少し心配です。
マコチは桃香の物件をかなり気に入っているようなので、彼はここでユリカと一緒に暮らしたいと思っているのかもしれません。

山下はむぎと別れてしまいましたが、千鶴と再び何かあるのかもしれないと思いました。
むぎを見ていると、女性が仕事と恋愛、または結婚を両立させていくのは大変なことなのだと思います。

むぎはこのまま北海道へ帰ってしまうと、山下との関係は本当に終わってしまうのかもしれません。
ですが、この二人は今後も何か続きがありそうな気もします。

さくらはモトカレとヨリを戻しそうになりますが、結局は彼とは付き合わないような気もしました。
白井がさくらの家に泊まってしまいましたが、その後の二人にも注目していきたいです。

30代女性 hanaさんの感想
復縁したての2人に事情を知らない人達が結婚だの騒いでいて、空気が読めなさすぎだなと思いました。でもユリカにとってはマコチが結婚を意識するきっかけになったのでよかったなと思いました。

でも結婚や出産の話題は地雷が多いので、自分本意の考え方だと相手のことを傷つけてしまうことをこのシーンから学びました。

千鶴も敵意むき出しで感じが悪かったです。

むぎと山下はお互い好きなのに別れなければいけないのでとても切なかったです。でも好きだからこそ、相手のことを尊重した結果だと思います。

2人にしか分からない世界だなと思いました。

むぎと山下にはどうにか上手くいって欲しかったので悲しかったです。

他にはユリカとひろ美の友情が素敵だなと思いました。

親友のためにマコチに怒り、マコチの真剣さを確かめてから認めていたので、ユリカの最大の味方でこんな友達が欲しいと思いました。

自分も悩んでいることはあるけど、それでも友達のために行動できるのは素敵です。

40代女性 kouasamiさんの感想
千鶴の存在が場の空気を乱れさせているようで、ハラハラしました。

彼女が何か言おうとするたびにドキドキしますし、黙って見つめているだけでも、何を考えているのだろう?と不安になります。

山下とむぎは、一度は別れたのにまた思いを確かめ合っていたので、本当に好き合っているのだと思います。

なのに、再度別れの選択をするのには疑問が残ってしまいます。

どうにかして、別れないで済む方法を探さないのかな?と考えていますので、今後の展開に期待を残したいです。

さくらのことを気にしだした白井が、チャーミングな感じです。

今までは仕事場で見るだけの存在でしたが、プライベート面も見えてきそうなことが楽しみになります。

ユリカとマコチの同居生活は微笑ましいです。
ユリカの渾身の朝ごはんは凄かったです。

狭いテーブルに所狭しと並ぶ料理は、ユリカの気合の強さを物語っているようです。

アイロンのかかったワイシャツを着て清々しく出勤するマコチには、ホッとしました。

30代女性 タオさんの感想
サクラが言っていた海外でありそうな面識のない人たちが集まるパーティーはとても雰囲気が良さげで楽しそうな会に見えました。

でもそこでの話はやはり恋愛の話が中心でとてもみんなの色々な意見を聞けて面白かったです。

人それぞれが色々な悩みを抱えていることがわかりそのキャラクターの人となりなどが分かったのでとても良かったです。

ユリカとマコチが結婚を考えていたことがなんだか男らしくてとても好感が持てました。

マコチは以前はうじうじとはっきりしない態度でしたが今回のマコチはとてもはっきりとモノを言う男らしい印象に変わりました。

マコチがこのままの状態ならユリカも結婚に踏み切りそうな感じ満載です。

ですがなんだかそうもいかないような展開になりそうです。

桃香の担当にマコチがなったことで二人の距離がだいぶ縮まってしまうような気がします。

そしてユリカがまた不審に思って二人の仲がこじれてしまいそうです。

マコチのこれからの行動にかかっていると思います。

モトカレマニアを今すぐ観る

モトカレマニア第七話で印象に残ったセリフ

「お互いすきだからでしょ。」(さくら先生)
「タイミングとかそういうことでユリカとのこと決めたくない。」
「別れよう」(山下)

モトカレマニア第八話考察

20代女性 まいさんの次回考察(原作未読)
これからの将来をきちんと考えたいと言われたゆりかは、まこちとの将来をより現実的に考えるようになると思います。2人の新居が決まり、着実に結婚についての準備が進んでいき、最後のハッピーエンドに向かっていくと予想します。

白井はさくら先生に恋をしますが、やはりさくら先生は元彼との恋が忘れられず、元彼もまた離婚によりさくら先生に恋していくと思います。

そして、次回重要なカギを握るのは矢田亜希子。

まこちが、担当になったことにより、元旦那との家にまこちが何度も家に行くようになり、ゆりかに対して敵対視するようになります。

予告で匂わせ女子という風になっていましたので、SNS等にまこちの小物等をアップし、ゆりかの嫉妬心をかき乱すと思います。最初は混乱すると思いますが、まこちが男らしくこの問題を解決してくれると信じています。

まこちが騙されない男だと信じています。

この壁を乗り越えた二人は結婚に向けてまた近づくのではないでしょうか。最終的に3組のカップルがそれぞれ幸せな形で終わるよう願ってます。

50代女性 ミカコさんの次回考察(原作未読)
ユリカとむぎ、そしてさくらはモトカレマニアを卒業し、それぞれがモトサヤに戻ったような気がしました。
しかし、結果的にはむぎは山下と別れてしまい、さくらも元カレと再婚という話にはならないような気がします。ユリカとマコチが一番順調な気がしますが、桃香の登場によって、二人の間もどうなっていくのかが分かりません。
マコチの気持ちは変わらないと思うので、後はユリカがどこまで忍耐強くマコチと付き合っていけるかだと思います。

ですが、2回目ということで、前回と同じことの繰り返しにならないようにしたいものですが、これがなかなか難しいのかもしれません。

今回はチロリアン不動産の黒柴のチロさんの登場が少しだけだったのが残念でした。
次回はもっとたくさん、チロさんに出会えると嬉しいです。

また、チロリアン不動産の社長のセクハラ問題のその後も気になるところです。
ユリカとマコチにはこれからいろいろあっても、幸せになってほしいと願っています。

30代女性 hanaさんの次回考察(原作未読)

ユリカが張り切りすぎて家事を完璧にこなしていたので、無理をしてるとお互い疲れてくると思います。

将来を真剣に考えて、結婚が現実味をおびるからこそ、ちょっとしたことですれ違ってしまうのではと思います。

桃香が余計なことをして振り回すように思います。

マコチはなんとなくフラフラしそうで安心感がないので、ユリカは不安に感じると思います。

一方、白井とさくらの関係は近づくと思います。

白井はさくらが好きそうなので肉食系の見た目通り、ぐいぐいアプローチしてくると思います。

さくらは和真との関係に疲れてくると思うので、正反対の、一途で自分を大切に思ってくれる白井に惹かれる可能性もあるかなと思います。

むぎは北海道に帰る日が近づいてきているけど、結局帰らないか、また東京に戻ってくる気がします。

今まではお互いを思ってとか強がっていたけど、一緒にいたいからと自分の本音を出してくると思います。むぎと山下はこのまま別れないと思います。

40代女性 kouasamiさんの次回考察(原作未読)
マコチとユリカは、2人で住むための部屋を探しだします。

マコチは、桃香の物件を担当しているため、現地に出向いた折に2人で会う機会がが増えます。

桃香には、仕事上支障があるのを避けるため、マコチとユリカの関係は伏せてあります。

そんな中で、桃香がマコチに興味を持って接近していくかのような空気があります。

前回の受賞パーティーに行った白井でしたが、さくらのうちでそのまま眠ってしまったようです。

他のみんなは帰宅したのに、白井だけは残っていたみたいです。

翌朝やっと目覚めた白井に、さくらは朝食を準備してあげることにします。

白井は、パーティーのときから、さくらに魅力を感じている様子が見られました。

改めて近くで見たさくらは美しくて、白井は心を奪われてしまいそうな勢いです。

白井は、そんなさくらをデートに誘う場面が見られそうです。

さくらは、元カレとヨリが戻って不安定な状態の中、白井との新しい関係にも興味を示しそうです。

30代男性 タオさんの次回考察(原作未読)
桃香の担当になったマコチは家を売ろうと新しい買い手を探し歩きます。

しかしなかなか見つけられなくて桃香に弱音を吐いてしまい二人の仲は急接近していきます。

そんなある日、桃香からユリカにメールが届きユリカはマコチのことを心配してしまう。

帰ってきたマコチにユリカは桃香とのことを何となく聞いてみるがなかなか核心に迫れず聞けずにいるとマコチの方から桃香のことを色々と話してくれる。

この感じからユリカは何もないのかと安心する。

翌朝からユリカはすっきりした気持ちで仕事をしてひろみにそのことを相談するとひろみはなんだか怪しいとマコチのことを疑い始める。

そこへユリカのケータイにメールが入り桃香とマコチが楽しそうに食事している光景が送られてきた。

このことでユリカはまたショックを受けてしまいひろみに相談してマコチに問い詰めることを誓う。

家に帰りマコチの帰りを待っているとまたメールが来て桃香の家に眠っているマコチの姿だった。

モトカレマニアを今すぐ観る

モトカレマニア第七話をDailymotionやパンドラで観てはいけないの?

「ドラマや映画など、動画共有サイトで観てるよ」っていう人もいるでしょう。

ですが、私は絶対にオススメしません

特にDailymotionやパンドラは海外サーバを利用しているため、ウイルスへの感染やフィッシング詐欺で個人情報を盗まれる可能性があります。

まとめ

モトカレマニア第四話の見逃し配信は『FOD』が断然オススメ!!

モトカレマニアを今すぐ観る

ドラマ『モトカレマニア』1話から最終回見逃し配信フル動画を無料視聴する方法2019年10月17日(木)に始まった秋ドラマ『モトカレマニア』 見逃してしまった人はやっぱり無料で観たいですよね! 結論か...

※FOD1ヶ月無料お試しはアマゾンアカウントで登録することが必須です!
本ページの情報は2019年11月28日時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク