子育て

新人ママが買って良かったベビー用品等ベスト5

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

20代後半の新人ママのアルフと申します。

初めての出産、初めての赤ちゃん、環境も体調も変化ばかりで試行錯誤の毎日ですが、同じような新人ママ・プレママのみなさんにぜひオススメしたいベビー用品を紹介します。

ベビー用品はたくさん!

チャイルドシートや抱っこ紐は買うとしても他のものは買うか悩んでいる、そんな場合に参考にしてみてください!

ぱんだくん
ぱんだくん
今回は20代後半のアルフさんからです
ぶた先生
ぶた先生
どれも非常に便利なものばかりだよ
スポンサーリンク

『驚異の防臭袋 BOS (ボス) おむつが臭わない袋』

『驚異の防臭袋 BOS (ボス) おむつが臭わない袋』

赤ちゃんが生まれたその日から使うおむつ。

離乳食が始まる前のおむつはそんなに臭わないと聞いていましたが、生まれてすぐの赤ちゃんのおむつも家に置いておくとやはり匂いが気になります。

蓋つきのゴミ箱だけでは臭うけど、密封機能付きのゴミ箱は高いしカートリッジが必要で面倒です。

そんな時にこのBOSおむつが臭わない袋を使って欲しいです!

ビニールのただの袋のようなのですが、口を縛ると本当に臭いがしません。

使用済みのおむつをこの袋に入れて、自宅の蓋つきゴミ箱に入れるだけで匂い対策はOK!お値段は少し高めなのですが、何より手軽なのがいいです。

SSサイズの袋にオムツが3枚くらい、Sサイズには5枚くらい入ります。15枚入りもありますので、お試しで使ってみてください!

『リッチェル Richell ふかふかベビーバスW』

『リッチェル Richell ふかふかベビーバスW』

沐浴バスをどうするか悩んでいる人は多くいると思います。

買うかレンタルにするか、中古で買おうか・・・。私は妊娠中に「1ヶ月くらいなんだから洗面台で頑張ろうかな」なんて考えていました。

同じこと考えてるプレママの方、無謀ですのでベビーバスを用意してください。

ハードタイプもありますが、私はこの空気を入れるタイプをお勧めします。

赤ちゃんが寄りかかっても痛くないし抱き上げやすいです。

床面に滑り止めの突起があり、これがかなり役に立ちます。

さらに、首や腰が座って一緒にお風呂に入ることになった際に、赤ちゃんがお座りして待っているスペースになったり、夏場の水浴びにも使え、沐浴以外にも長く用途があります。

お風呂の浴室にゆとりがある方はぜひ検討してください。

『リッチェル Richell バウンシングシート おもちゃ付きR』

『リッチェル Richell バウンシングシート おもちゃ付きR』

バウンサーやハイローチェアは生活スタイルに合わせて用意するのがいいと思います。机と椅子の生活スタイルでは高さが低すぎますが、ご自宅がちゃぶ台やこたつの場合はあるととても便利です。

ある程度月齢が進んでからバウンサーを用意すると嫌がって乗ってくれない場合がありますが、このリッチェルのバウンシングシートは新生児から使えますのでその心配がありません。

またシートを取り外して丸洗いできるため衛生的です。

そしてこのバウンシングシートの素晴らしいところはおもちゃが付いているところです。

3種類のおもちゃはそれぞれ触ると違った音が出るようになっています。

はじめのうちはおもちゃに興味を示しませんでしたが、生後3ヶ月くらいくらいから遊ぶようになり、機嫌が良ければ1時間程度ひとり遊びをしていてくれます。

スポンサーリンク

『Pigeon ピジョン 耳式体温計 耳チビオン』

『Pigeon ピジョン 耳式体温計 耳チビオン』

赤ちゃん用の体温計です。耳にセンサーを触れさせ、およそ1秒で体温を測ることができます。

大人と同じ体温計でも赤ちゃんの体温は測れます。

しかし、保育園に通うようになった時には毎日熱を測らなくてはならず、赤ちゃんもじっとはしてくれずやきもきするなんてことも。

私は初めは必要ないなと思っていましたが、買ってみたらとても便利で重宝しています。

耳のセンサーの部分にはビニールのカバーが付いており、何回か使用したら交換するようになっています。

消耗品のカバーは別売りで、本体と合わせて安くはないのですが、毎日苦労して体温を測っている方は購入を検討しても良いのではと思います。

『ニトリ お手入れ簡単 珪藻土バスマット』

『ニトリ お手入れ簡単 珪藻土バスマット』

第5位は育児と関係ないように見えるのですが、珪藻土のバスマットです。

珪藻土のバスマットは硬い石のような感触の板状のバスマットです。

お風呂用の足拭きマットの代わりにそのまま乗って使用します。

目に見えない無数の穴が開いており、そこに水分がすぐ吸収されるので、足元がびしょびしょにならず便利なグッズです。

すでに有名なグッズですが、我が家の赤ちゃんの入浴には必需品です。

赤ちゃんと一緒のお風呂あがりは大忙し。赤ちゃんの保湿やおむつと着替え、髪を拭いて冷やさないようにとやることがたくさんあります。

自分の髪や体をきちんと拭く余裕もありません。

珪藻土マットがあれば脱衣所がびしょびしょにならず、洗濯物も減らせます。

また使用した沐浴バスを毎日水切りするのにも一役買っています。

まとめ

初めての育児はわからないことだらけです。

お店ではたくさんのグッズをオススメされますが、全部購入して用意するのは無駄になることも多いです。

そんな中でも悩んでいるならぜひ用意してほしいものをご紹介しました。

皆さんのライフスタイルに合わせてぜひご検討ください!

スポンサーリンク