お笑い芸人

【まとめ】悟空ジェネリック芸人『田島直弥(アイデンティティ)』素顔からPreてんだぁまでまとめてみた!ぜってぇ見てくれよな!

スポンサーリンク

野沢雅子さん(ドラゴンボールの悟空の声)を完コピするネタを披露し、一気に注目を浴びたお笑い芸人『田島直弥(アイデンティティ)』を知っていますか?

 

『あ~野沢雅子さんのやつね!』とイメージはできるものの、

 

『え!?コンビなの!?』

 

『素顔は見たことがないな』

 

と思う人が多いのではないでしょうか?

YouTubeで閲覧数が爆上がり中の『Preてんだあ』や、悟空の声マネで有名な田島直弥さんの素顔を追ってみました。

スポンサーリンク

アイデンティティとは?

Instagram

 

この投稿をInstagramで見る

 

パンに顔(๑´ڡ`๑)(@pann_ikao)がシェアした投稿

アイデンティティ

メンバー:田島直弥(野沢雅子のものまね)、見浦彰彦(ツッコミ)
結成年:2004年
事務所:太田プロダクション
活動時期:2005年
出身:専門学校東京アナウンス学院
出会い:専門学校東京アナウンス学院の同級生
ネタ製作者:田島直弥
同期:オリエンタルラジオ、トレンディエンジェル、柳原可奈子、酒井健太(アルコ&ピース)など
受賞歴:太田プロライブ2017年度王者、太田プロライブ2018年度王者

アイデンティティ (お笑いコンビ) – WikiPedia』より

田島直弥さんはサッカー選手を目指すものの、人が笑ってくれる喜びを実感し芸人になる事を目指しました。

当時は専門学校東京アナウンス学院の卒業生、土田晃之さんもU-turnで出演中だったボキャブラ天国も放送しており、影響を受けた可能性もありそうです。

専門学校東京アナウンス学院で出会った2人は元々はお互いがボケを担当でした。

ですが、田島直弥さんの魅力を察知した見浦彰彦さんは田島直弥さんに声をかけてコンビが誕生しました。

 

見浦彰彦さんはものまねの技術はありませんが、ボケを担当していた様には見えない程ツッコミの技術があります。

見浦彰彦さんのツッコミは田島直弥さんの『野沢雅子さんネタ』をさらに引き立たせていると言えるでしょう。

現在、Youtubeチャンネル『とちテレ公式チャンネル』でも見浦彰彦さんは田沢直弥さん含めるDB芸人(ドラゴンボール芸人)を束ねる役割をしています。

存在は重要です!

とちテレチャンネルでは田島直弥さん含むDB芸人が沢山出てくるので、DB芸人同士のマニアックな絡みがみたい人は、ぜひチェックしてみてください!

とちテレ公式チャンネル(YouTube)

https://www.youtube.com/channel/UCS1LfairJ6ccQcwURL4UlCg

田島直弥(アイデンティティ)は悟空のジェネリック芸人

Instagram

 

この投稿をInstagramで見る

 

R Fujimoto’s HAJIMAZA Wed.(@hajimaza)がシェアした投稿

田島直弥さん(アイデンティティ)は元々野沢雅子さんのものまねという芸風でコントをやっていたのでしょうか?

 

調べてみたところ、田島直弥さんが野沢雅子さんのものまねを始めたのは3年程前だそうでそれまでは普通に正統派の漫才だったそうです。

 

Youtubeに3年前公開された動画が上がっており、再生回数が約600万回というエゲツない数字になっています(Youtubeチャンネルについてはのちに紹介します)

田島直弥さんが野沢雅子さんのものまねを最初に披露したのはライブでした。

 

当時は野沢雅子さんのネタは様々な所から止められると思っていたのでライブだけでやる予定でした。

 

でも今までに無い程の手応えを感じてやめられなくなったそうです!

当時は化粧も適当で『全然似てない!』というのを狙っていたそうですが、今では化粧品にもこだわりを見せているそうです。

 

野沢雅子さんといえば世界的にも有名な声優の1人です。

 

野沢雅子さんをバラエティに呼ぶなんてことはギャラやスケジュール等で難しいと思うので田島直弥さんが出演する事で番組側もかなりの『ジェネリック』になりますよね。

田島直弥さんの悟空の声マネは多くのファンから公認されるほどの出来栄えです。

アイデンティティが運営しているYouTubeチャンネルの視聴者に中には『これから声優学校に行って勉強するべき』との声や『悟空の声は野沢雅子さんの声しか考えられないから、田島直弥さんがいてくれて良かった』との声も上がっていました。

 

かつて偽物→本物に変わった人と言えば、ルパン3世の声を担当する栗田貫一さんですよね。

本物として24年経つ今、『ルパンの2代目になる事に申し訳なさを感じていた』と言っていました。

周りがプロだらけで、栗田貫一さんは荷が重く感じたそうです。

しかし関係者にルパンの2代目を懇願され、覚悟を決めました。

 

人気の作品ほど、主人公のイメージが大きく変わる声優の変更はファンに影響を与えます。

以前からドラゴンボールキャラの真似をする芸人さんはいましたが悟空の声マネは初めてで、ファンからは田島直弥さんへの悟空2代目の期待値が高まったようです。

野沢雅子さんも『おん年80歳のでぇベテラン』です。

ドラえもんやルパン3世の様に世代交代も可能性ありそうですね。

それを考えると田島直弥さんがジェネリックから『先発品』になる日も来るかもしれませんね!

スポンサーリンク

「アイデンティティ」はYouTubeの閲覧数がエゲツない!Preてんだぁがうける!

Instagram

 

この投稿をInstagramで見る

 

マエちゃん(@izmin_8823)がシェアした投稿

連日ウイルス関連のニュースがにぎわう中、Twitterに思わぬトレンドがあがりました。

世界中のウイルス拡大のニュースと共に『野沢雅子さん』の文字がありました。

アニメ界のレジェンドがまさか……!?と思ってクリックすると……なぜかアイデンティティの動画が表示されました。

話題になっていたのはコレ!

Instagram

 

この投稿をInstagramで見る

 

@.okawa(@atsushi_big_river)がシェアした投稿

『ぐっべぇ!』と悟空語を連発しながら歌い出す、田島直弥さん。

これを見てるとなんだか最近無くしていた元気玉が回復するような気がしました…!

『悟空語』を連発できる見事な選曲ぶりに笑いと感動が止まりません。

ファンからも好評のTweetが沢山来ています。

Twitter

Twitter

ファンの方の返信内容も面白いです。

悟空の話す言葉って独特ですよね。

『悟空語』についても調べてみました!

悟空語は野沢雅子さんが作り出したもの

野沢さん自身が編み出した『悟空語』というものがあるんです。

台本には無いけれど『悟空だったらこんな風に話すだろうな』という事を考えてアテレコに臨んだそうです。

ディレクターは『普通に読んだ方がいいのではないか』と言うと、野沢雅子さんは『そのまま読んでは悟空らしく無い』と訴え、『悟空語』をそのまま使う形になったそうです。

 

さすがでぇベテラン!

 

その時野沢雅子さんが普通に台本を読んでいたら、こんなに『Preてんだぁ!』が反響を呼ぶこともなかったかもしれませんね。

アイデンティティのyoutube

アイデンティティ田島・見浦(YouTubeチャンネル)
https://www.youtube.com/channel/UCxairDZpr_PzbzIaGLv7Q2Q

スポンサーリンク

「アイデンティティ」田島直弥の素顔がイケメン

Instagram

 

この投稿をInstagramで見る

 

うちbori(@meganeman.bori)がシェアした投稿

野沢雅子さんのモノマネをしている田島直弥さんは一体どんな人物なのでしょうか?

メイクが上手すぎて、原型が全く分かりませんよね。

テレビで田島直弥さんが素顔で出てくる事は最近では全くみられません。

探してみたら、素顔が見つかりました!こちらです。

Twitter

Twitter

まったく別人ですよね!

 

野沢雅子さんのメイクの印象が強いからこれだけ人気でも気付かれることは無さそうですね。

正直スッピンの画像をみると『ほんとに同一人物?』と疑ってしまいます。

田島直弥さんは野沢雅子さんのものまねをするようになって年収が60倍になったとテレビで語っていました。

Youtubeの再生回数も絶好調なので今はより収入も伸びている事でしょう。

2017年のR-1ぐらんぷりは田島直弥さんが野沢雅子さんのジェネリック芸人として有名になったきっかけとなりました。

 

コンビを組んで13年後、やっとブレイクしたアイデンティティ。

 

田島直弥さんがものまねを始めたのは見浦彰彦さんのバイト先に野沢雅子さんが訪れた事がきっかけでした。

見浦彰彦さんはものまねこそできませんが田島直弥さんの特徴や隠れた才能を発掘できるプロデューサーのような存在に感じます。

一気に世間の認知度が高くなった2人は2017年(見浦彰彦さん)・2018年(田島直弥さん)と結婚をしています。

仕事・プライベート共に順調ですね!

まとめ

野沢雅子さんのものまねで一気に人気お笑い芸人の仲間入りとなったアイデンティティの2人。

様々なメディアに出て野沢雅子さんが口にしないような事を言ってお客さんの爆笑を誘っています。

最近暗いニュースが流れる中、アイデンティティがネットを通して日本に笑いという元気玉を届けてくれています。

見浦彰彦さんはものまねが得意ではありませんが田島直弥さんのネタを最大限引きしてくれる大事な存在でした。

これからもYoutubeやテレビでアイデンティティの2人を応援しましょう。

スポンサーリンク