アーティスト

人気沸騰中のアーティスト『SIRUP』って何者?

スポンサーリンク

みなさんこんにちわ!

突然ですが、皆さんはSIRUP(シラップ)を知っているでしょうか?

SIRUPさんは2017年にデビューし、今や日本各地のライブハウスやフェスに呼ばれている、人気沸騰中のアーティストです。

2020年にリリースされたEP「CIY」はiTunesのR&B部門で1位を獲得しました。

今回はそんなSIRUPさんについて、リサーチしてみました。

スポンサーリンク

SIRUPの経歴・プロフィール

Twitter

SIRUPさんは大阪出身。年齢は2020年で33歳です。現在はまだ独身のようです。

中学生時代はテニス部に所属してたことがあるそうですが、運動神経が悪く退部し、その後、吹奏楽部に入ったことがきっかけで音楽に興味をもったそうです。

運動神経が悪いのは意外ですよね!

高校時代にスティービー・ワンダーを聴いたことがきっかけとなり、現在のSIRUPの音楽のベースでもあるブラックミュージックに影響を受けたそうです。

その後は、先に音楽活動をしていた兄の影響で、ライブハウスでオリジナルの楽曲を歌っていました。

また、以前はKYOtaroという名義で大阪を拠点に活動していましたが、その後は、東京に拠点を移し、SIRUPとして活動を本格化させます。

ちなみにSIRUPはSING+RAPの造語です。

所属事務所は、大橋トリオさんや土岐麻子さんも所属する「A.S.A.B」という新しいレーベルのようですね。

SIRUPが人気になったきっかけ

Twitter

人気の火付け役になったのは、2018年にリリースされた「Do Well」がHONDA「VEZEL」のCMソングに起用されたことが大きいのではないでしょうか。

SIRUPの名前は知らなくても、「Do Well」を聴いたことがある人は多いのではないでしょうか?

歌詞の中で繰り返される「ダーラタッタッタ、ドゥウェル」は印象に残りますよね!

また、メディアでは朝の情報番組「スッキリ!」にも出演されていました。

スポンサーリンク

SIRUPの魅力

Twitter

SIRUPの楽曲はR&B、HIPHOP、ソウルなどのブラックミュージックをベースにアップテンポな曲だけではなく、バラードも魅力的であり、その楽曲の幅広さが魅力だと思います!

メロウな歌声である、SIRUPの曲を聴いていると、心地いいだけでなく、自分がお洒落になったのではないかと錯覚するくらいです(笑)

ライブの時にはサポートメンバーを迎えてライブを行っていますが、楽器の種類の豊富さもSIRUPの魅力を後押しをしていると思います!

ドラム、ベース、ギターといった基本的な楽器以外にも、キーボード、サックス、フルート、シンセサイザーといった楽器がより深い音を作っています。

また、クールな外見ですが、マイクを置けば、関西弁の気さくな近所のお兄ちゃんといったギャップがファンを魅了しているのではないでしょうか?

Instagramのライブ配信などではファンとの交流も行ってくれていますので是非チェックしてみてください。

Instagram:S I R U P(@sirup_insta)
https://www.instagram.com/sirup_insta/

Twitter:S I R U P(@IamSIRUP)
https://twitter.com/IamSIRUP

スポンサーリンク

SIRUPのおすすめ曲3選

Twitter

特におすすめの3曲を紹介していこうと思います。

LOOP

まず1曲目はアルバム「FEEL GOOD」に収録されている「LOOP」です!YouTubeでも配信されており2020年4月現在、再生回数は1365万回であり、SIRUPの代表曲と言えます。

サックスから始まるイントロが印象的、また切ない歌詞やメロディが特徴のバラードです。

Ready For You

2曲目はEP「CIY」に収録されている「Ready For You」です。この楽曲は、リリース直後からファンの中で話題になった曲です。

この曲は過去の恋愛の経験から作った曲だそうです。YouTubeには現在の段階では残念ながら配信されていません。

※期間限定でライブ配信しています。20:47~

Slow Dance

3曲目は「FEEL GOOD」に収録されている「Slow Dance」です。ラッパーBIMをフューチャリングに迎えたこの曲は、二人の混ざり合う歌声が心地よいです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

SIRUPについて少しでも知っていただけたでしょうか?

SIRUPは今後も日本の音楽シーンに影響を与え続ける存在だと思うので、是非チェックしてみてくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク